Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 新入生を迎えて

新入生を迎えて

  

まだ冬の寒さが残る4月1日。同志社では入学式が行われました。暑くなったり、寒くなったりした今春は、まるで希望や不安を抱いている新入生の気持ちを表現しているかのように思えます。

しかし京田辺キャンパスでは、上回生が列になって新入生を待ち構えていて、不安な気持ちは吹っ飛ぶぐらいの熱気に溢れていました。数え切れない程のサークルが、1回生を確保しようと熱い勧誘を繰り広げています。両手にサークルのビラを山積みされた新入生を見て、2年前の自分が重なりあい懐かしく感じる時もありました。"1回生"と呼んでいた後輩も、もう2回生になり、また自分のことを"3回生"と呼ぶのに慣れず、戸惑いを隠せませんでした。時間が過ぎるのは本当に早いものだと、履修相談をされる身になり、改めて実感します。

法学部生は、3回生から今出川キャンパスに移り、また京田辺とは違った学生生活となります。新歓期間こそは、新町キャンパスも賑わいますが、授業が始まってからは落ち着いた雰囲気をみせています。今出川には、スーツ姿の人が多いせいか、就活が迫ってきているということを肌で感じさせられます。

新入生も上回生も、悔いの残らない自慢が出来るような楽しいキャンパスライフを送っていきたいですね。学生の間に出来ることをなして、それが何かの一歩に繋がって欲しいと思います。

【法律学科 3回生 保井彩里】