Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 今出川校地での学び

今出川校地での学び

 

キャンパスレポート 9月 写真

 

 猛暑に苦しんだ夏が終わり、秋の気配を肌で感じられるようになりました。

 今回は法学部の3、4回生が学ぶ地である「今出川校地」について、京田辺校地で過ごす立場からレポートします。緑豊かな京都御所と相国寺に隣接する今出川キャンパスは同志社大学の誕生の地であり、135年の歴史そのものといえます。また、京田辺キャンパスで過ごす学生にとっては憧れの地でもあります。

 烏丸通沿いの西門を一歩入ると重厚感の漂う赤レンガの建物が立ち並び、明治の建造物がその後大正や昭和初期、近年に建てられた学舎と美しく調和した独特の雰囲気を味わうことができます。重要文化財は保存にとどまらず、なんとその全てが教室やホールとして現役で利用されています。校舎が見つめてきた様々な時代に思いを馳せながら学ぶことは大学生活をより実り多きものにしてくれることでしょう。

 ところで、1、2回生の方は大学案内の法学部のページの冒頭に掲載されている模擬法廷が広いキャンパスのどこにあるのかご存じですか?この模擬法廷は法科大学院やビジネススクール、学生支援センターなどがある室町キャンパスの寒梅館にあります。

 京田辺キャンパスとは一味違った、古都京都の風景にマッチしたしっとりとした風景を見せていて、早くもこのキャンパスで学ぶことが楽しみになりました。

【法律学科 一回生 後藤瑠美】