Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. 4年間のカリキュラム【2012年度以前入学生】

4年間のカリキュラム【2012年度以前入学生】

セメスターごとに教育目標を設定したステップアップ方式のカリキュラムです。

「入門科目」→「基礎科目」→「発展科目」の順に、体系的・専門的に知識を深めていきます。

また、発展科目群から履修すべき科目をまとめた14もの『パッケージ』を用意。

これは、学生一人ひとりの進路や関心に沿った専門知識・素養が無理なく身につくよう科目をパッケージ化したもので、政治学科生も副専攻としてこの制度を利用できます。

1年次2年次3年次4年次
第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスター
入門科目              
  • リーガル・リサーチ
  • リーガル・トピックス
             
私法科目
基礎科目     発展科目        
日常生活と民法
  • 不動産取引と民法
  • 現代の社会と企業
  • 民事手続法システム
  • 金融取引と民法
  • 企業組織法の基礎
  • 知的財産法概論
  • 雇用と法
  • 国際社会と民事法
  • 企業取引法の基礎
  • 民事紛争処理法
  • 民法総則1
  • 民法総則2
  • 物権法
  • 担保物権法
  • 債権総論1
  • 債権総論2
  • 契約法
  • 不法行為法
  • 親族法
  • 相続法
  • 国際財産法
  • 国際家族法
  • 国際民事手続法
  • 国際取引法
  • 国際経済法
  • 民事訴訟法
  • 民事保全・執行法
  • 破産法
  • 民事再生・会社更生法
  • 企業組織法
  • 企業ファイナンス法
  • 金融取引法
  • 企業取引法
  • 保険法
  • 競争政策法
  • 著作権法
  • 競業法
  • 特許法
  • 雇用関係法
  • 企業と労働法
  • 労使関係法
  • 雇用政策法
  • 社会保障法
  • 国際労働法
公法科目
基礎科目     発展科目 ハイブリッド科目群
  • 人権保障の原理
  • 刑法の原理
  • 刑事司法システム
  • 統治の基礎
  • 国際社会と法
  • 犯罪タイポロジー
行政法システム
  • 精神的自由権論
  • 現代人権論
  • 国民代表と統治構造
  • 裁判所と憲法訴訟
  • 比較憲法
  • 行政作用法
  • 国家補償法
  • 地方自治法
  • 租税の構造と法理論
  • 行政過程論
  • 行政争訟法
  • 環境法
  • 租税の手続と紛争処理
  • 刑法総論
  • 現代社会と刑法名論
  • 経済活動と刑法各論
  • 犯罪捜査法
  • 刑事裁判法
  • 犯罪学
  • 刑事政策
  • 犯罪対策各論
  • 国際法総論
  • 領域の国際法
  • 国際環境法
  • 国際組織法
  • 国際法と国家機関・個人
  • 国際紛争と法
  • 国際人権法
基礎法科目
基礎科目     発展科目        
法と社会    
  • 西洋法思想史
  • 近代法思想の展開
  • 西洋法史
  • 西洋刑事法史
  • アジア法史
  • アジア刑事法史
  • 日本法史
  • 日本裁判法史
  • 法哲学
  • 現代法哲学の展開
  • 法社会学
  • 現代法社会学の展開
  • 英米法総論
  • アメリカ法
  • イギリス法
  • ドイツ法
  • フランス法
        大学院共通科目
  演習
  副専攻科目
  進路選択支援講座
司法特講 公務特講 など

パッケージの例(発展科目より選択)

刑事司法パッケージ

刑事裁判法 刑事政策 刑法総論 現代社会と刑法各論 経済活動と刑法各論 犯罪捜査法 犯罪学 犯罪対策各論など

企業ビジネス法務パッケージ

企業組織法  企業ファイナンス法  破産法  民事再生・会社更生法  金融取引法  競争政策法  雇用関係法など

知的財産と法(弁理士)パッケージ

特許法  著作権法  競業法  債権総論1・2  契約法  不法行為法  競争政策法  国際財産法  国際民事手続法 国際経済法など

外交と法(外交官)パッケージ

国際法総論  領域の国際法  国際法と国家機関・個人  国際紛争と法  国際組織法  国際環境法  国際労働法など

その他の履修科目

教養科目

学科の関係科目と相互に補完し合う科目を自由に選択できます。人文・自然・社会系分野、学際系分野を問わず幅広い教養を学びます。他の学科や学部、他大学の科目も履修できます。

政治学関係科目のほか、全学共通教養教育科目 他学部設置科目 大学コンソーシアム京都単位互換科目 ...他

外国語関係科目

異文化理解と語学力向上のため英語のほかに6カ国語より選択できます。法学、政治学に関する原典も学べます。

原典講読(アメリカの法と政治) 原典講読(イギリスの法と政治) 原典講読(ドイツの法と政治) 原典講読(フランスの法と政治) 原典講読(中国の法と政治) 原典講読(スペインの法と政治) 原典講読(ロシアの法と政治) 全学共通教養教育科目(外国語教育科目)

保健体育関係科目

体力向上と健康的な生活を営むための理論と実践を学べます。

全学共通教養教育科目(保健体育科目)

免許資格科目

教員免許や学芸員・司書などの資格取得を目的として自由に履修できます。

免許・資格関係科目