Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. Student's Voice
  4. 法学部で自分磨きを!

法学部で自分磨きを!

宮野 賢治さん


2009年3月法学部法律学科卒業 株式会社東芝

 

<現在の私>
 私は、 2009年3月に法学部法律学科を卒業し、現在は、株式会社東芝で官公庁向けのインフラ関係の営業として、日々の業務に励んでいます。営業という仕事柄、直接法律に関連する業務はさほど多くないものの、法学部で学んだ論理的な考え方、問題の本質を探究する精神は、今の仕事に大いに役に立っていると感じています。

 

<法学部での学び> 
 法学部で学ばれる皆さんには、ぜひとも、やりたいことに対して全力以上の力で取り組人でほしいと思います。私自身、普段の講義はもちろん、ゼミ、体育会での活動、ネゴシエーションを学ぶ特殊講義と、自分の持てる以上の力を注ぎ込もうという想いで日々を過ごしていました。

 そんな中で、非常に貴重な体験だったと思うのは、とことん「議論」をしたことです。ゼミでは、ーつの判例を取り上げて、自分の考えや他のゼミ生の意見について議論をする。体育会での活動では、チームが勝つためにどうすれば良いかを上級生全員で日々議論する。ネゴシエーションの特殊講義では、ーつの課題に対してチーム皆で議論をい交渉の形を作り上げていく。これらに共通して言えるのは、ある問題に対して、とことん考え、皆で意見をぶつけ合いながら、論理的に解決策を導き出していく、と言うことです。この様な体験は、大学での学び独特であり、間違いなく、社会に出てから役に立つものです。そして、そんな数々の議論が貴重だったと思えるのは、やはり、周りにすばらしい先生方、また、優秀な学生が大勢いたからです。同志社大学法学部の皆さんは本当に優秀で、私自身、何度も挫折感を味わったのを覚えています。また、勉学だけでなく、スポーツや様々なステージで活躍している人が多数いて、本当に周囲からは色々な刺激を受け続けた4年間でした。

 私は入学当初、ある教授から「社会で活躍している人は、同志社が好きで卒業していった人だ」という話を伺いました。当時は、意味がよく分かりませんでしたが、卒業して社会に出た今では、実感しています。同志社で充実した学生生活を過ごし「この大学に来てよかった、法学部を卒業してよかった」と思える人ほど、清々しい気持ちで社会に飛び立つことができるということを。皆さんには、是非、同志社法学部にどっぶりと浸かり、充実した学生生活を送っていただけたら、と心から願っています。

 

<就職活動をされる皆さんへ>
 私は、就職活動をする上で、ーつの悩みを抱えていました。それは、周りの友人が明確なビジョンや目標を持っていた一方で、自分には「これがやりたい!」と言えるものが無かったことです。自分のやりたいことが分からず、就職浪人を考えた時期もありました。もしかすると、皆さんの中にも、そういう悩みを抱えて就職活動される方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方々にメッセージを送りたいと思います。
 私は、自分がやりたいことについて「悩む」のを止め、各企業の良いところを探すことに注力しました。「こんな経営方針が良い」だとか、「こんな社会貢献している企業で働きたい」といった事を、とことん研究しました。また、エントリーシートや面接では、徹底的に自己分析をし、今までの人生で形成されてきた「自分」をさらけ出すことを心がけました。こうして、自分と向き合うことで、私自身が「働くこと」に対して何を求めているかが徐々に分かってきました。
 今、社会に出て思うことは、どんな仕事でも本質は同じなんだな、ということ。人と人との繋がりの中で、自分の役割を果たしていくことが、社会で働くことであり、最大のやりがいであると思っています。 

 就職で迷っているということは、それだけ自分の可能性が広がっているということです。そんな方こそ、法学部で様々なことに打ち込み、自分自身を磨いて欲しいと思います。そうすれば、自分が活躍できる場は無限に広がっていくはずです。頑張ってください。

『NETWORK法学部2013』より転載