Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法学研究科
  3. 入学生データ

入学生データ

前期課程修了生の進路別人数

graph1

研究者・法曹・公務員・企業人などの多彩な人材を輩出。

後期課程への進学だけでなく、司法試験・税理士試験・公務員試験などに合格し、それぞれの分野で活躍。民間企業へ就職する修了生も増加しています。後期課程進学者においては、修了と同時に博士号を取得する「課程博士」をめざす学生も増えています。

志願者数の推移

 graph2

「少数精鋭」から「多数精鋭」の時代へ。

同志社大学の法学研究科は、他の大学院をはるかに上回る志願者を集めています。入学選考においても、「学部在学生特別選抜入試」「社会人特別選抜入試」の導入など、多様化・複線化を進め、"多数精鋭"の時代を先取りしています。

志願者の内訳

志願者の内訳

23歳の若き修士が次々と誕生。

有能な人材が日本全国から集まる同志社大学法学研究科。前期課程では、実力さえあれば、学部3年生からの飛び級生も積極的に受け入れています。また、2009年度より、学部を3年で卒業した早期卒業者の受け入れも実施しています。