Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法学研究科
  3. Student's Voice
  4. 自己研鑽の場

自己研鑽の場

小椋 美保さん

小椋さん

公法学専攻
博士課程(前期課程)
2013年度生
神戸市役所

大学院は、自身の描く夢の実現に向けて、自己研鑽に励む場だと思います。本研究科では、学生の多様なキャリア設計に応えることのできる多彩かつ専門的なカリキュラムが用意されており、民間企業や官公庁への就職、後期課程への進学、資格取得など、一人ひとりの目標達成に向けて研鑽を積める環境が整っています。
 また、大学院では、座学が中心となる学部の授業と異なり、学生による報告形式の授業が多いため、法律知識を深めることができるだけでなく、テーマについての分析・検討といった作業を通じて論理的思考力を鍛えることもできます。さらに、報告の際にレジュメを作成したり、論文を執筆するなど、文章を作成する機会が非常に多いので、そのような機会を通じて文章力を磨くこともできます。これらの能力は、今後の人生においても大いに役立つものですので、そのような能力を習得することができるのも大学院の大きな魅力だと思います。
 このように、本研究科においては、さまざまな素養や幅広い視野を身につけ、自己研鑽に励むことのできる環境が整っており、このような研究環境に身を置くことは、自身を成長させることにつながると思います。私自身、この恵まれた研究環境において、高い学習意欲を持った仲間と日々切磋琢磨し、自分とは異なる考えや価値観に触れることで、より高みを目指そうという向上心が芽生え、結果として大きな成長につながったと思います。