Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法学研究科
  3. Student's Voice
  4. 目標を見据えて

目標を見据えて

福島 扶実子さん

写真(福島さん)

公法学専攻
博士課程(前期課程)
2012年度生
三菱重工株式会社

同志社大学大学院法学研究科では、多様なキャリアビジョンを持った学生の成長と目標達成を支援するための、高度で多彩なプログラムや快適な研究環境が提供されています。また、学生たちも高い目的意識を持った人が多く集うため、経験豊かな先生方のご指導の下、演習形式で行われる授業では、活発な議論が行われ、日々切磋琢磨できる環境で学ぶことができます。さらに、多くの学生が所属することになる研究室では、進路や専攻が異なる仲間と知り合うことができ、多くの刺激を受けることができるでしょう。
 ただ、こういった研究環境を活かすためには、自らの目標を明確にし、その目標を見据えて主体的に行動することが必要です。自身の目標が曖昧なままだと、日常の授業の準備等に追われ、それをこなすだけの自己成長の少ない日々になってしまうでしょう。そこで、大学院への進学を目指している方には、自分の目標を明確化し、そのためには何が必要なのか、何をすべきなのか、といった大学院での自身の研究についてビジョンを持つことをお勧めします。