Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 舩津 浩司
2012funatsu.jpg

企業法の理論と実務

教授 舩津 浩司

E-mail: kfunatsu@mail.doshisha.ac.jp
<専門分野>会社法
<研究室>光塩館522 Tel:(075)251-3562

私の研究

専門は「商法」と呼ばれる分野ですが、特に、企業が直面する現代的な法的課題を重点的に研究しています。
 まず、企業グループの利害関係者保護に関する法的規律のあり方を研究しています。現実社会においては、ひとつの会社が単独で事業活動を行うのではなく、子会社・関連会社と呼ばれるような複数の会社とともに、密接に連携をとりながら活動していることが多いですが、現在の日本の会社法は、このように相互に密接に関連した複数の会社の間、または、それらの会社の株主・債権者等の利害関係者の間に生じうる利害の対立に関する問題について、有効な規整を網羅的に明確な形でもっているわけではありませ ん。もっとも、会社の利害関係者を保護するためのルールのあり方を探る上では、「会社法」という法律において明文で定められたルールだけではなく、利害関係者自身や会社そのもの(あるいは会社の経営者)の行動を規律する様々なメカニズムにも配慮する必要があるといえそうです。そのような多様なメカニズムを踏まえてなお、会社法をはじめとした「法」が企業グループをめぐる利害関係者の保護において果たすべき役割を明らかにし、それを具体化することが私の現在の研究課題の一つです。
 さらに、近時の情報技術の発展が企業活動に関する法的規律に及ぼす影響にも関心があります。たとえば、消費者である皆さんが、何か物を買う、あるいはお金を借りるといった取引を行う場合、これまでは、百貨店やスーパーマーケット、銀行などの大企業が相手方として登場することが多かったと思われますが、最近は、情報技術(とりわけインターネット)の発展によって、物を売りたい個人と買い たい個人、あるいは、お金が余っている個人とお金が足りない個人が直接出会って取引を行う(物を売買する、お金を貸し借りする)という機会も増えてきているように思われます。このような取引形態の変容や取引に対する企業の関与態様の変容を踏まえて、望ましい法ルールとはどのようなものであるかを、主として企業や個人の金融(資金の融通)の局面に関して研究しています。

講義・演習・小クラスについて

春学期は、会社法Ⅰおよび商法総則・商行為法Ⅰ等、秋学期は商法概論等を担当する予定です。

プロフィール

1975年京都府生まれ。高校まで京都で過ごしました。東京大学法学部卒業後6年間上場会社に勤務し、在職中に神戸大学大学院法学研究科博士前期課程(社会人コース)を修了。その後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程に入学し、2007年3月同課程修了。2007年4月より本学法学部助教、2010年4月より同准教授、2016年4月より同教授。2015--2016年金融庁金融研究センター特別研究員、2015年より金融審議会専門委員(金融グループの制度のあり方に関するWG・金融制度WG・金融制度 SG 委員)、2016年より司法試験予備試験考査委員。