Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 大矢根 聡
大矢根 聡

国際関係の理論と実証

教授 大矢根 聡

<専門分野>国際関係論
<研究室>光塩館403  Tel:(075)251-3598
E-mail: soyane@mail.doshisha.ac.jp

プロフィール

香川県生まれ。神戸大学大学院を終えた後、金沢大学などを経て同志社大学に赴任。博士。大矢根という姓は珍しいようですが、江戸時代に祖先が刀職人として藩主からもらった姓だとか。趣味はクラシック音楽。研究室でも書斎でも車中でも、いつも音楽が鳴っていたり、たまに演奏したり...

私の研究

専門分野は国際関係論ですが、この分野には非常に多様なテーマがあります。私自身も興味が広い方なので、多くのテーマに関心をひかれます。近年、特に研究しているのは国際制度をめぐる外交です。国際制度とは、国連やWTO(世界貿易機関)のような国際機関や、東アジアやアジア太平洋などの地域的な枠組み、それに地球環境保護やテロ対策の国際規範などを指します。簡単にいえば国際ルールです。

国際制度は、対立的な世界に協調的な空間を提供するため、非常に重要な役割を果たすことはいうまでもありません。ですが、貿易の制度と環境保護の制度が衝突するなど、実態は複雑です。また、どのような国際制度を、どのようにして形成し、各国の遵守を確保してゆくのか、なかなか難しい問題です。各国が外交上の駆け引きを展開し、企業やNGOも複雑に関与します。国際制度をめぐる外交のダイナミズムを解きほぐし、パターンや要因を解明するのが、私の研究課題です。

より具体的には、国際貿易や地球環境、人権などをめぐって、日本やアメリカ、アジア諸国の政府や民間団体が、どのような外交を展開しているのか。その対応を左右する要因は何かを、分析しています。そのために、国際関係論の様々な理論を駆使し、多様な公式・非公式資料を精査します。また、実態をより精確に把握するために、政策決定者にインタビューを行っています。

ここうした作業を通じて、幾つかの著作を刊行しています。例えば『国際レジームと日米の外交構想』(有斐閣、単著)、『コンストラクティヴィズムの国際関係論』(有斐閣、編著)、『グローバル社会の国際関係論』(有斐閣、共著)、『東アジアの国際関係』(有信堂、編著)、『日米韓半導体摩擦─通商交渉の政治経済学』(有信堂、単著)、Trade Liberalizationand APEC(Routledge、共著)、Whither Free Trade Agreemnent?(IDE-JETRO、共著)など。

講義・演習について

講義と演習では、単に国際情勢の情報や知識を提供するのでなく、受講生が自分なりに国際関係について考え、解釈し、できれば分析できるように試みています。

「国際関係入門」:国際関係を理解するのに不可欠な「言葉」(概念)を、国際的な歴史や今日の情勢、理論などに基づいて、簡潔に解説しています。

「国際関係理論」:国際関係を分析するための主要な理論を、具体的な国際的現象に適用しながら、できるだけ平易に説明しています。

「国際政治経済論」:グローバル化に対応する各国の政策展開と国際的な取り組みを、とくに東アジアをめぐる動きを事例にして概説し、また理論的に分析しています。

「演習」:机に向かって座り専門書と格闘するのは重要ですが、同時に、ともかく議論し、政策決定の現場で見聞を広げるのも重要だと考えています。そのため2回生演習では、台頭する中国やテロへの対応、対米外交、途上国支援をはじめ、多様なテーマについて本格的なディベートを実施します。3・4 回生では、グループ・ワークでより専門的な調査・分析に取り組みます。その間、合同ゼミを早稲田大や慶應大などと実施し、首相官邸や外務省、自民党や民主党の本部、国際協力機構、国連機関などを訪問しています。また、演習に政治家や官僚を招いて、議論することもあります。