Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 大学院への進学

大学院への進学

[写真左]大学院共同図書室

[写真右]院生の共同研究室

  

大学内の立て看板には「就職説明会」の文字も並び始め、3生も就職活動を始める時期がやってきました。法学部生の進路について気になっている人も多いのではないでしょうか。11月は2回にわたり、法学部生の進路についてレポートします。まず第1回目は「大学院への進学」についてです。

大学院ではどのような勉強をしていて、雰囲気はどのようなものか...実際に聞いてみないとわからないもの!そこで法学研究科政治学専攻の現役院生にお話を伺いました。

「講義は毎回がゼミのようで、発表形式で進められます。人数が少ないので発表がすぐに回ってきて準備に追われていますが、毎日とても充実しています。皆いきいきと研究に打ち込んでいます。最近では大学院には、女性の方、就職後に入られる方、定年後に来られる方も増えています。これから大学院を目指す人は何のために何の勉強をするかを考えて、その上で準備するのがいいですね。研究テーマを決めて、そのテーマについて指導を仰ぐことができる先生を探すことから始めてみるのがいいと思います。」

目的意識をしっかり持っていれば、やりたい研究にとことん打ち込める環境が整っていることは間違いないようですね!研究機関などだけでなく、民間企業も専門的能力のある人を求め始めています。自分の可能性を広げる場所、それが大学院と言えるのではないでしょうか。

(宮元春奈)