Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 創立130周年

創立130周年

  

2005年11月29日、同志社は130歳の誕生日を迎えます。1875年11月29日、2人の教師と8人の生徒で始まった同志社は、今日では幼稚園、来年開校予定の小学校から大学まで12の学校を擁し、大学だけで約25000人の学生が学ぶ大きな学校法人となりました。今年は創立130周年を記念して、日本全国、そしてアメリカで様々な行事が開催されています。

9月には、アメリカバーモント州ラットランドからマサチューセッツ州のアーモスト大学までを踏破する新島メモリアルウォークが敢行され、学生と教職員が一丸となって取り組みました。

また、6月以降、「新島襄と同志社」をテーマにした講演会と企画展が、北は札幌から南は鹿児島まで全国で開催され、多くの来場者を得ています。そして、この企画の最後を飾る記念講演会が、12月10日、11日に、東京の六本木アカデミーヒルズで開かれます。

その他、今出川キャンパスのハリス理化学館2階にある歴史資料館分室「Neesima Room」でも、同じテーマで企画展が開催されています。

創立者新島襄先生曰く、大学の完成には200年を要するのだそうです。130年はまだ道半ば。70年後に同志社がどうなっているかは現在、そして未来の同志社人にかかっています。同志社のこれからを担う皆さんには、この機会にぜひ、同志社の歴史に触れてほしいと思います。

【法律学科4回生 角谷卓哉】