Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 「八重の桜」

「八重の桜」

 

009

 

 みなさん、大河ドラマをご覧になっていますか?私は毎週欠かさず観ています。今年の大河ドラマは山本(新島)八重の生涯を描いたものです。彼女は同志社を興した新島襄の妻であり、とても同志社に縁がある人です。

 彼女はその生き様から「ハンサム・ウーマン」と呼ばれ、男勝りな性格を持つ女性でありました。逸話として、主人の新島襄よりも先に人力車に乗ったといわれています。このことは男尊女卑の時代において好ましく思われなかったのです。また、同志社の学生であった徳富蘇峰に鵺のような女性だと非難されても、八重は全く動じなかったといわれています。

 自分が通っている大学に関係することが大河ドラマで取り上げられることは、とてもうれしいことです。新島八重の自己を貫いた強い生き方は、自分の信念を持ち、行動することが求められる現代において、よい手本となります。私は、多くの人が大河ドラマ「八重の桜」を観て、八重の生き様を知ってもらいたいと思います。

 

【法学部法律学科3回生 島田泰輔】