Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. キャンパスレポート
  3. 6月キャンパスレポート

6月キャンパスレポート

6月分 

 二回生の皆さんは、そろそろ二年次ゼミの志望を決める時期がやってきます。もう候補は考え始めているのでしょうか。もしくは、一つのゼミに入ることを目標に同志社大学に入学された方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 さて、大学が提供するプログラムのうち、特に法学部は、大教室で何百人もの同級生の方々と共に講義を受ける機会が他学部に比べ多く、それまでの「授業」との異なりに慣れるには時間を必要としたことでしょう。また、学びの性質としても講義を聴く中で自ら理解を進め、深めようと努めるものだったと思います。

 しかしゼミにおいては、他の学生と協働する機会が増えます。幾人かで互いの考えを突き合わせることで、同志社大学法学部で一年間を過ごした自己を相対化でき、より多角的な視点を得ることが期待できることでしょう。

 また、当然のことのようですが、ゼミの長所の最たるものは、一つの学問分野が好きな学生が、それを研究してらっしゃる先生のもとに集うということにあると僕は考えます。趣向を同じくする同級生や先生との交友は、他の友人関係とは一味違う楽しみを与えてくれます。

 

 最後に、法学研究科に進もうと考えていらっしゃる方は言わずもがなですが、ゼミの選択は一般企業への就職を考えている方にとっても重要なものとなります。というのは、一例をとっても、インターンシップに参加する僕の友人が、現在は社会人として活躍されているゼミの先輩にインターンシップ先で出会うことができ、たいへんお世話になったと聞いたからです。僕の周りだけでもそのような経験をした学生は多くいると聞きます。

 そこで、一番には自分の学問的興味と相談した上で、今後の進路選択も踏まえたゼミの選択をお勧めします。

 

                                                                                 【法学部法律学科 岡田 周平】