Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 在学生の方
  3. 成績・授業評価
  4. 2016年度秋学期
  5. 犯罪対策各論 ― 川本 哲郎

犯罪対策各論 ― 川本 哲郎

配点  シラバス通り 筆記試験100% 

筆記試験

      空所補充 20%

      論述   80%

空所補充について

これまでと比べると 全体に出来は良くなかった。ただし、とくに特定の問題の成績が悪いということもなかった。

 

論述について

問題は、「交通犯罪について、その実態を述べた後に、中国、韓国の状況を参照して、検討を加えなさい」というものであったので、バランスよく述べることが要求される。たとえば、中国の状況だけを延々と述べるものには高い評価は与えられない。①日本の実態、②中国の状況、③韓国の状況について述べた後に、④検討する、というスタイルが望ましい。また、この問題については、11月18日に、中国と韓国から3名の教授を招いて、報告をしてもらったので、受講生の関心も高く、全体として出来は良かった。