Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 在学生の方
  3. 成績・授業評価
  4. 2016年度秋学期
  5. 刑事訴訟法Ⅱ/刑 事 裁 判 法 ― 河村 博

刑事訴訟法Ⅱ/刑 事 裁 判 法 ― 河村 博

 期末の授業内評価につきましては、既に、授業内で講評を行っておりますが、択一式は、中間期授業内評価が訴因関係の問題をメインとしておりましたので、それ以外の分野についての判例を中心とする基礎的知識を問うものでした。基礎的というのは、法学部で刑訴法を学んだ者(既修者)として知っておくべき知識ということです。記述式は、公判前整理手続や伝聞証拠に関する近時の最高裁判例・高裁判例に触れながら、関連する論点についての理解の正確性、論理的思考力等を見ようとしたものです。

 択一式は、満点の方が複数出るなどしましたが中間期にくらべて得点差が大きかったように思われます。記述についても上位者とそうでない方の差が大きいという結果でした。しかし、全体としては、頑張られた方が増え、理解度も進まれたように見受けられます。

 春学期同様、一学期に二度の授業内評価ということで復習などが大変だったとは思いますが、知識の定着を図り、期末の負担を軽減するためこのような方法をとらせていただきました。受講生の方々の今後益々のご健闘、ご活躍をお祈りいたしております