Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. Student's Voice
  4. 法曹への道を選ぶ

法曹への道を選ぶ

河原 崇人さん

2010年3月  法学部法律学科卒業  京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻法学既習者2年次生

皆さんは法曹になりたいと思ったことがありますか。法学部に入られた皆さんの中には早くも将来の選択肢に「法曹」を入れている方も多いのではないでしょうか。また、法学部で学ぶ中で、法曹になりたいと考え、それが将来の目標になる人もいるでしょう。この文章は、私の学生生活とロースクールでの生活の紹介を一材料として、法曹への道を選択することがどのようなものか、簡単に知ってほしいという筆者の勝手な願いのもとに作成されたものです。できれば、多くの方のご参考になれば幸いです。

法曹になるためにはどうすればいいのでしょうか。まず、適性試験を受け、ロースクール入試を突破し、法学既修者であれば2 年間、ロースクールで学ぶことになります(私は現在、丁度この状況にあります)。ロースクールを修了すれば、司法試験の受験資格を獲 得でき、司法試験を受験し合格すれば、司法修習を経て、晴れて法曹となれるわけです。このように、法曹への道は長く、複雑なものとなっています。

振り返ると、私は3 年生までは特に司法試験に向けた勉強をしていませんでした。もっと早くに勉強を始めていれば、現在の負担が和らいでいたのではないかと反省しています。司法試験への道のりは長期戦であり、積み上げてきたものが多いほど、有利になると考えるからです。ですから、法曹になることを決意している皆さんは学部の講義をしっかり聞いて、法律学の基本的な知識・解釈方法の理解が身についたと思ったら、基本書・概説書などを読み、早期から独自に勉強を始めることをお勧めします。また、知識だけでなく、それを表現する力も学部時代に鍛練しておくべきです。ロースクール入試・司法試験とも、論述式試験であり、自分の書く文章に説得力を持たせなければなりません。また後述するように対話能力も法曹には必要ですから、議論することに慣れておくことが必要です。論文の作成や、ゼミへの参加はこれらの能力を磨くために有益だと思います。このように学部時代に努力を積み重ねておくことは必ず将来の自身の力になります。

加えて、私は勉強と同じくらいに、法曹を目指す決意を固めておくことが大切であると考えています。後述のように、ロースクールでは勉強ばかりです。勉強好きな人には問題ないかもしませんが、私のように、勉強が得意でない人間にとっては、どうしてもモチベーションが上がらない時期が来ます。そういったときに、自分が法曹を目指す理由を思い返すのです。何度も言うように司法試験は長期戦です。それに耐え抜く決意がないと、勉強を続けることは困難ではないかと思います。

次に、私のロースクールでの生活を簡単ながら紹介します。ロースクールの講義は双方向形式といって、教授と院生が対話しながら行われるものがほとんどです。講義中に質問され応答するというのは、なかなか学部の講義では体験できないことですが、法曹を目指す者にとって重要な能力を磨く機会です。たとえば、依頼者は質問に的確に答えられない弁護士に正式に依頼をしようと思うでしょうか。また、裁判員制度の下で、主張をうまく説明できずに、裁判員の心証を形成することが可能でしょうか。さらに、司法試験の解答は簡潔にかつ正確に要点をまとめないと書ききれません。このように法律家を目指す者にとって質問に的確に、簡潔に答える能力は、近い将来のためにも、遠い将来のためにも必要なものなのです。そのための下準備として、私は基本的事項を確認したうえで、判例・論文等を読み、十分な予習をして、知識を整理したうえで講義に臨んでいます。

加えて、ロースクール入学当初は有していた基本的な知識も、何もしなければ忘れてしまいます。したがって、時間があれば自習室や図書館などで、基本的知識や苦手な分野の復習をしています。このように、予習・復習がほぼ日課となります。さらに、私は、自主ゼミを組み、院生同士で任意で集まって、議論を交わし、自分の解釈が正しいのか等を確認します。また、先述した対話能力も、自主ゼミでの議論を経て、磨くことができます。

以上のように、私もまだ法曹への道を進んでいる途中です。検察官となるために、勉学に励み、日々精進する次第です。法曹を目指す皆さんも、固い決意を胸に頑張ってください。遠くない将来、お互い法曹として出会えることを楽しみにしています。

 

『NETWORK法学部2011』より転載