Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. Student's Voice
  4. 公務員への道

公務員への道

阿部 隆太さん

2011年3月法学部法律学科卒業 札幌地方検察庁検察事務官
 
私は、同志社大学法学部を卒業し、検察事務官として採用され、今春で3年目を迎えます。
 私は、大学に入学した頃から将来は公務員を目指そうと漠然と考えていました。ただ、その頃は具体的な職種については詳しく知らず、検察事務官という職種を知ったのも、3回生になって本格的に公務員試験を意識し始めてからでした。公務員に多くの職種がある中で、私がなぜ検察事務官を志望したかというと、大学で法律を勉強していたことが一番大きな理由です。大学に入学してから、年々、法律を勉強することに対して面白さを感じており、この気持ちを仕事と結びつけられたら、やりがいをもって仕事を続けていけるのではないかと考えたからでした。
 それでは、これから私が公務員試験を受けて感じたことを述べていきます。
 まず、公務員試験における第一関門の筆記試験についてですが、私が筆記試験対策として大切だと感じたことは、実践形式の経験を積むために、数多くの模試を受けることです。試験が近づくと大学や各予備校が模試を開催するので、私は可能な限り申し込み、毎週のように受けていました。頭の中では理解してると思っていても、実際に模試を受けてみると、理解不十分だったと気づくことが多々あり、現時点での自分の得意分野と不得意分野を把握することができます。それによって、重点的に行うべきポイントがわかり、試験本番までの時間を効率良く使えます。また、模試は多種多様な問題で構成されており何回も模試を受けることで本番の試験において初見の問題というのが少なくなります。私の経験ですが、初見の問題と、過去にー度でも解いたことがある問題とでは、正答率の違いはもちろん、心の余裕も大きく違っていました。
 筆記試験を無事合格すると、次に面接試験が行われます。面接試験では、志望する職業の仕事を深く知る ことが大切だと感じました。面接においては、ここで働きたいという熱意をアピールすることが大切になってきますが仕事内容を知らないと受け答えが詰まってしまうことがあります。公務員試験では、筆記試験対策に多くの時間を費やすことや、多くの人が複数の試験を併願して受験するため、ーつーつの職種の仕事内容を深く把握することは大変かもしれません。ですが、筆記試験に向けた勉強をしているときから面接試験のことを意識して、大学で開かれる説明会などに積極的に参加しておけば、面接試験の直前に焦ることなく自信をもって臨むことができると思います。
 以上、私が公務員試験をとおして感じたことになりますが、もうーつ付け加えたいこととして、就活する上では同じ目標を目指す仲間の存在がとても大きいと感じました。仲間を作ることで、お互いに有益な情報を交換することができますし、仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを高く維持することに繋がります。また、私が就活しているときに出会った友人の中には、自分とは全然違った考えを持っている人がおり、そういう人からの刺激はとても新觧なものでした。仲間の存在は自分の可能性を広げてくれるものだと、思います。
 最後になりますが、社会人として働いていると、それまで全く触れたことがない知識が必要になることがあります。私の仕事においても、法律を知っていれば良い訳ではなく、一般教養はもちろん、簿記や医学に関する知識を要求されたことがあります。同志社大学は自分の意志で自由に勉強できる環境が整っているので、就活、そして社会人になったときのために、在学しているうちから様々なことに興味を持ち、より多くの知識を習得することにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。みなさまのご健闘をお祈りしています。
『NETWORK法学部2013』より転載