Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. Student's Voice
  4. 「当たり前のこと」の一つ一つを大切に

「当たり前のこと」の一つ一つを大切に

大原 寛史さん

2012年3月法学研究科博士課程後期(私法学専攻)退学 名古屋学院大学助教

研究者をめざすためには、一般的に、法学部を卒業後、大学院に進学し、前期課程を修了して後期課程まで進学する必要があります。また、大学院では、法律学や政治学において現在問題となっている点を探しだし、新たな観点からの分析や解決法を示すことにより、従来の到達点から一歩進めることができるような研究をして、論文などの形で公表していくことが求められます。「研究って大変で、とても難しいものなんだなぁ...」と思っていただけることでしょう。

では、研究者をめざすためには、法学部でどのように過ごせばよいのでしょうか。以下では、主に法学部生の読者を想定し、私が法学部生時代に「こうしていた」ということや、「こうしておけばよかった」と後悔していることについて、まとめておきたいと思います。

まずは、毎日の講義を真剣に受けてみることから始めましょう。一つでも多くのことを吸収しようという意識をもち、学習内容の基本的な用語や知識をインプットしたうえで、理論の枠組みをマスターするように心がけて下さい。また、ときに取り上げられる、現在の問題点や発展的な内容にも注意しておくとよいでしょう。

次に、講義などで得た知識や疑問点を、アウトプットすることも必要です。たとえば、ゼミなどで、自分が得た知識や問題点を発言したりして、議論に参加してみて下さい。その発言や議論が、知識の整理、問題点の解決につながることはもちろん、講義や独習などでは発見できなかった問題点、着眼点、理論の枠組みなどを新たに発見するきっかけにもなります。そうなるためにも、ぜひ主体的に、積極的に発言し、議論に参加しましょう。また、ゼミ論文の執筆や学生論集への投稿にも挑戦してみるとよいでしょう。先に述べたように、研究においては、論文の執筆が中心になります。そのため、講義やゼミなどでの学習内容で疑問に感じたことを、自分で文献を調べたりして、論文を執筆するという経験は、研究論文を将来執筆するときに、必ず役にたつことでしょう。

その他、上のような専門分野の学習と並行して、外国語(英語や第二外国語など)の勉強にも力をいれておくとよいでしょう。研究をより深める方法の一つとして、外国の状況を参考にすることがあります。この方法では、自分で外国の文献などを調べ、整理をしていく作業が必要になります。しかし、外国語が苦手だと、この作業に大変な時間と労力をさくことになってしまいます。法学部生のうちに、外国語の基礎を身に着け、自分が専門とする分野の諸外国での状況を少しでも勉強しておくと、大学院に進学後、よりスムーズに外国の状況を参照することができるようになるでしょう。

冒頭に「研究って大変で、とても難しいものなんだなぁ...」と書いておきながら、まとめた内容は「なんだ、学生として当たり前のことじゃないか!!」と思われた方も多いかと思います。確かに、「当たり前のこと」です。しかし、その「当たり前のこと」の一つ一つを大切にして、努力を重ね、確実にこなせるようにしていくことが、将来の研究の基礎となるのです。研究者をめざす読者のみなさんには、このことを意識しながら、法学部で学んでいってほしいと思います。私は、「当たり前のこと」ができていなかったために苦労しましたから、少しでも参考になれば、うれしく思います。読者のみなさんが、法学部で充実した毎日を過ごされることを祈っております。

『NETWORK法学部2014』より転載