Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法律学科
  3. Student's Voice
  4. 京都府職員という進路について

京都府職員という進路について

上畑 直哉さん

2011年3月  法学部法律学科卒業  京都府庁

私はこの春から京都府職員となり、公務員の一人として働いていきます。私は、初めから公務員を目指していたわけではなくいろいろな進路を考えていました。そこで、私がなぜ公務員を目指し、その中でも京都府職員を目指すことを選んだのかとそのためにどのような取り組みをしてきたのかを述べることで、後輩の皆さんの進路の決定の参考にして頂きたいと思います。

私が公務員という進路を具体的に考えるきっかけになったのは、一回生の時に参加した学生による無料法律相談に参加したことでした。それまでの私は、漠然と法学部に入ったのだから将来は学んだ法律を活かせる法曹のような仕事に就きたいとしか考えていませんでした。しかし、そのイベントの中で実際に悩んでおられる人の法律相談を受け、検討した回答を伝えてもなかなか納得してもらえず笑顔で帰ってもらえないことが多いことが心残りでした。その中で私は、法曹として事後の救済も大切ですが事前に予防できる制度作りや対策をたてることも大切であり、そのような行政の仕事を行える公務員という仕事に魅力を感じ、自分が学ぶ法律を活かしていきたいと考えるようになりました。

そして、国家・地方公務員など様々な職種を考えましたが、その中でも自分がすごしてきた京都府という地域を活性化させていきたいという考えとそのための政策に力を入れていることに魅力を感じたことから京都府職員を目指すようになりました。

京都府職員を目指すにあたっては、大学の講義も憲法や民法、行政法など公務員試験に必要な科目を中心に受講するようにしました。その点、同志社大学ではパッケージとしてそれぞれの進路に応じた講義がまとめられており、どのような科目を取っていけばよいかが分かりやすかったことが印象的でした。また、講義以外ではサークル活動やゼミナールなど勉強以外のことにも積極的に取り組みました。これらの活動は私を成長させてくれただけでなく、実際の公務員試験の面接試験においても話すことができ、とても力になりました。

公務員試験は、非常に長い期間での試験対策が必要であり、体力と根気がいると思います。ですが、決してあきらめなければ受からない試験ではないと思います。そのため、今後公務員を目指す人や迷っている人に伝えたいこととしては、決してあきらめずに頑張ってほしいということです。自分のペースでいいので継続して勉強を続ければ必ず結果に結び付くと思います。また、興味のある職種や志望度の高い職種については、どのような業務を行い、どのような政策を作っているのかなどの情報を早めに集めて、なぜ自分がその仕事をしたいのかをきちんと考えていくことが志望先を決定する上で非常に大切だと思います。そして、最後に勉強以外の大学でしか出来ない様々な活動、サークルやアルバイト、ボランティアなどに積極的に参加していってください。なぜなら、先に述べたように勉強以外のこれらの活動に参加することで、自分を見つめ成長させることにつながるはずだからです。それは公務員試験においてだけでなく、その後の人生においても大切な財産になると考えています。なので、勉強も大切ですが今しかできない経験をおおいに積んでいってください。

現在も非常に厳しい就職活動の状況ですがどんな道を選ぶにしろ、一生を決める進路になるので自分が納得できる進路を選んでいってください。皆さんの就職活動を心から応援していますので、あきらめずに頑張ってください。皆さんが充実した学生生活を送れることを祈っております。

 

『NETWORK法学部2011』より転載