Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 政治学科
  3. 4年間のカリキュラム

4年間のカリキュラム

セメスターごとに教育目標を設定したステップアップ方式のカリキュラムです。

「入門科目」→「基礎科目」→「発展科目」の順に、体系的にステップアップを図るカリキュラム編成です。
さらに政治学科では、興味のある研究分野・目標進路に応じて選べる『コース制』を採用。「現代政治科目」「歴史・思想科目」「国際関係科目」の3つの科目群から選択履修を行い、効率的に専門性を高めていきます。

1年次2年次3年次4年次
第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスター
現代政治科目
入門科目     発展科目
日本政治入門  
  • 比較政治
  • 官僚制と政治
  • 議会政治論
  • 地方政府論
  • 福祉国家と政治
  • 利益集団論
  • マス・メディアと政治
  • 政治経済学
  • 政治行動論
  • 行政学
  • 地方自治論
  • 政策過程論
  • 現代政治特殊講義
基礎科目  
政治参加と選挙
  • 現代民主主義論
  • 政党政治論
歴史・思想科目
入門科目     発展科目
政治思想入門  
  • 現代日本政治史
  • 現代ヨーロッパ政治史
  • アメリカ政治史
  • 中国政治史
  • 政治指導論
  • 現代の政治思想
  • 近代日本政治思想史
  • 現代日本政治思想史
  • 政治史特殊講義
  • 政治思想特殊講義
  • 西洋法思想史
  • 近代法思想の展開
  • 法哲学
  • 現代法哲学の展開
  基礎科目
  近代の政治思想  近代日本政治史
     近代ヨーロッパ政治史
     政治思想の源流
国際関係科目
入門科目     発展科目
国際関係入門    
  • 東アジア国際関係論
  • 日本アジア関係論
  • アメリカ政治外交論
  • EU政治論
  • 中国政治論
  • 国際開発協力論
  • 国際統合論
  • 国際機構論
  • 東南アジア地域研究
  • 南アジア地域研究
  • 中東地域研究
  • ロシア・東欧地域研究
  • アフリカ地域研究
  • 中南米地域研究
  • 国際関係特殊講義
基礎科目    
日本外交論
  • 国際関係史
  • 国際関係理論
  • 国際政治経済論
  • 国際安全保障論
入門科目     隣接分野科目
政治学入門    
  • 統治の原理Ⅰ
  • 統治の原理Ⅱ
  • 人権保障の原理Ⅰ
  • 人権保障の原理Ⅱ
  • 比較憲法
  • 憲法訴訟
  • 行政法概論
  • 行政法総論Ⅰ
  • 行政法総論Ⅱ
  • 行政救済法Ⅰ
  • 行政救済法Ⅱ
  • 環境法
  • 地方自治法
  • 税法Ⅰ
  • 税法Ⅱ
  • 国際法総論Ⅰ
  • 国際法総論Ⅱ
  • 領域の国際法
  • 国際紛争と法
  • 国際組織法
  • 国際人権法
  • 国際環境法
  • 経済原論
  • 経済数学
  • 公共経済
  • 統計
基礎科目    
基本的人権概論 政治学基礎A

社会調査概論

  政治学基礎B  政治データ分析
     政治学への誘い
    大学院共通科目
  演習
  副専攻科目
実務家連続講義
国際実務講座 特派員講座 自治体講座 など
 

その他の履修科目

教養科目

学科の関係科目と相互に補完し合う科目を自由に選択できます。人文・自然・社会系分野、学際系分野を問わず幅広い教養を身につけます。他の学科や学部、他大学の科目も履修できます。

 法律学関係科目のほか、全学共通教養教育科目 他学部設置科目 大学コンソーシアム京都単位互換科目 …など
外国語関係科目

異文化理解と語学力向上のため英語のほかに6カ国語より選択できます。政治学、法学に関する原典も学べます。

原典講読(アメリカの法と政治) 原典講読(イギリスの法と政治) 原典講読(ドイツの法と政治) 原典講読(フランスの法と政治) 原典講読(中国の法と政治) 原典講読(スペインの法と政治) 原典講読(ロシアの法と政治) 全学共通教養教育科目(外国語教育科目)

保健体育関係科目

体力向上と健康的な生活を営むための理論と実践を学べます。

全学共通教養教育科目(保健体育科目)
免許資格科目

教員免許や学芸員・司書などの資格取得を目的として自由に履修できます。

免許・資格関係科目