Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 政治学科
  3. Student's Voice
  4. 自分の「軸」

自分の「軸」

喬 丁さん

2010年3月  法学部政治学科卒業  株式会社テンポスバスターズ

就職活動をするにあたって、私は、「たくさんの人と接する機会がある会社で働きたい」という「軸」を持っていました。その「軸」は、大学4年間の生活の中ではっきり分かるようになりました。

高校卒業後、日本語をツールとして様々な人や文化と触れ合うため、日本に留学することにしました。もともと日中関係に興味があったので、日中の外交と文化の違いに注目し、政治学科を選びました。この学科を選んだのは、政治学科の科目には知識の幅広さと専門の高さの両方が揃っていると考えたからです。講義内容は、各国の文化、思想、歴史、外交、政治など広い範囲に及び、知的な刺激をとても受けました。

そして、2年生の時にゼミに入り、多数の文献を読破し、日本人の学生との積極的な討論を通じて、心を開き、違う立場で自国の出来事を分析できるようになり、本音の対話ができる土台ができあがりました。また、日本語と中国語の授業を両方とも履修することによって、自分の日本語を上達させながら、日本人学生の中国語の勉強にも協力しました。その経験を、中国語を教えることにも活かし、大学外の日本人とも親しく交わりました。さらに、大学の中の国際交流活動に止まらず、中国語講師をはじめ、日本人の知り合いを連れて中国旅行をしました。このように、できるだけたくさんの人と交流し、相手と自分の違いを恐れずに、持っている先入観を捨て、心をオープンにして話し合い、人それぞれの違いを「理解先行」で行うように心がけました。

自分の「軸」を持つことは、企業に入るための第一歩だと思います。金融危機の影響で、2010年新卒の就職も非常に難しいと言われていました。企業側も往年より、人の将来性を重視し、面接では「自分の将来像 を描きなさい」といった質問がしばしば出ていました。そのため、自分の軸を明確にしないと、エントリシートで書いた内容と実際話した内容の間で矛盾が出て、将来について漠然としか言えず、自分の熱意が相手に十分伝わらないことになってしまうと思いまし た。

しかし、学生時代のたくさんの体験から自分の「軸」を探し出すのは容易ではないと思う人が多いのではないでしょうか。実は、たくさんの体験のなかに、自分の「一貫性」が潜んでいます。自分が所属していたサークル、参加していたイベント、やっていたアルバイト、履修していた授業などの中、共通する何らかの「目的」があるでしょう。その一貫している「目的」こそ、自分の大切な「軸」です。

私の場合は、自分の大学生活には「何が、どのように、なぜしたのか」をきちんと振り返ることによっ て、「人との縁を大切にする」という「軸」を見つけました。その「軸」の延長線の上に、「たくさんの人と接する機会がある会社で働きたい」と考え、志望理由や自己アピールは、今までやってきたことと一貫性を保つようにしました。そのおかげで、自分の希望に 合った会社を見つけることができました。

大学は大きな舞台です。ここで人と出会い、経験を分かち合うことで喜びを感じ、知識や考え方を吸収しながら、また相手の役に立ちたいという気持ちを持ちます。すべての出会いは自分の将来に役立つ財産になります。大学時代にできるだけたくさんの人と出会う機会を作る積極性を持ち、学生時代に仲間の輪を広げることは大切でしょう。就職活動の中での企業との出会いも、人との出会いも、同じ縁に違いありません。 しかし、いい縁にめぐり会うのは自分自身の努力次第です。

『NETWORK法学部2010』より転載