Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 法学研究科
  3. Student's Voice
  4. 大学院での学びで得るもの

大学院での学びで得るもの

竹治 ふみ香さん

竹治さん

私法学専攻
博士課程(前期課程)
2014年度生

同志社大学大学院法学研究科には、私たち学生が研究に取り組むのに最適な充実した環境が整っています。それぞれの目標とする進路に合った多彩な授業が設置され、その多くが少人数制の演習形式の授業であるため、先生方の近くで学ぶことができます。こうした環境の中、多くの先生方のご指導を受け、判例や学説の立場を論理的に追究することの難しさや奥深さを身に染みて感じました。また、研究や進路などに関して迷ったときに相談に乗ってくださり、的確なアドバイスをくださる先輩方もたくさんいらっしゃいます。そして、公務員や民間企業への就職、研究職などそれぞれの目標に向けて努力している友人たちの姿を見ていると、多くの刺激を受け、そのことが自分もさらなる努力を続けようと思える力の源となります。
 このように多くの方々と関わり、支えていただいた大学院に入学してからの1年間は、学ぶことが多く、本当に充実した濃密な時間だったと実感しています。大学院は、それぞれの将来の目標を見据えつつ、報告や論文といった課題に一生懸命取り組むことで、法律的な知識が深められるのはもちろんのこと、論理的に考えることや、情報を収集・整理して伝えること、計画的に優先順位をつけて取り組むことなど、現代の社会生活に必要な力が鍛えられる場でもあるのだと思います。さらに学びを深めたいと思われている方は、法学研究科への進学を検討されてみてはいかがでしょうか。