Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 勝山 教子
勝山 教子

議会制度の比較考察

教授 勝山 教子

<専門分野>憲法
<研究室>光塩館408 Tel:(075)251-3593

プロフィール

出身は長野県の松本市から電車で15分離れた田舎町です。高層ビルどころか5階以上の建物もないのどかな田園地帯。おかげで部屋の窓からの景色は絶品で、北アルプスの山々を眺めながら育ちました。自然に囲まれて成長したせいか大の動物好きで、将来は獣医になるつもりでした。そこで高校3年生の夏までは理系でしたが、事情により「文転」して法学部に入学しました。

大学で暗記ではなく自分で考えることの面白さに目覚め、大学院修士・博士課程を経て、今日に至りました。これまで、イギリスとフランスで憲法・政治学を研究する機会を得ました。

私の研究

消極的と言われ続けた日本の最高裁判所は近年、国籍法判決や非嫡出子相続分規定判決にみられるように、積極的に違憲判断を下して国民の憲法上の権利の救済を図る姿勢をのぞかせています。われわれは裁判所が不当な法律や行政府の行為から国民を守ってくれることを期待しますが、実際には裁判所が政治部門の判断を尊重し、立法府・行政府の裁量を広く認めて原告の請求が退けられることがしばしばです。われわれの憲法上の権利を真に保護するためには、裁判所に期待するだけでなく、国民が立法府・行政府の活動を注視し、制度上の問題をし続けることが大事なのだと思います。集団的自衛権の是非をめぐり大学生も、一般市民も、学者も反対運動を起こしました。にもかかわらず、政治の場では議員数だけで決着が図られました。

単純な数の論理ではなく国民の意思を反映しうる議事運営を実現するためにどのような国会改革が採用できるのか。内閣・行政府の活動に対する国会の統制を有効なものにするためにはどのような工夫ができるのか。諸外国の議会の実情や改革方向と比較しながら日本の国会のあり方を探っています。

講義・ゼミについて

基本的人権の講義と統治機構の講義のどちらも担当します。身近に憲法問題が転がってないため、憲法の講義は抽象的になりがちですので、判例や新聞記事を 盛り込んで具体的な講義にできればと思っています。

ゼミでは憲法の事例や時事問題を素材としてグループ対抗のディベート形式で理解を深めてゆきます。学問的知識だけでなく、議論の仕方やコミュニケーション能力も同時に養ってほしいと思います。

ゼミ生から一言

私が勝山ゼミに入ったのは、勝山先生のお人柄に魅かれたことがきっかけでした。勝山先生の講義を履修した方ならわかると思いますが、いつもニコニコされていて優しさのかたまりのような先生です。ゼミ生一人一人を大切にされる先生で、2・3回生のために進路相談会を開催してくださったり、私自身も個人的に 進路相談にのっていただいて非常にお世話になりまし た。ゼミ活動の際には、ゼミ生の些細な疑問や意見に耳を傾けて、真摯に向き合ってくださり、共に答えを探そうとしてくださる先生です。勝山ゼミは、最初の講義でゼミ生の意見を聞いて、その学期のゼミの進め方を決めるなどゼミ生の自主性を重んじるゼミだと思います。また先生の誕生日にはケーキやプレゼントを用意してゼミ生で祝うなどアットホーム感の強いゼミだと思います。講義では重要判例の事案やテキストの設問をもとに討論するだけでなく、近年では自分たちで事例問題を作って解いてみるなど新しい取り組みも行っています。さらに毎年秋学期には2~4回生で縦 ゼミが開催され、回生を越えた意見交換ができるような縦の交流ができることが特徴であると思います。また勉強だけでなく、ゼミ対抗のソフトボール大会やEVE祭などの課外活動も積極的に参加しており、ゼ ミ生間の親交を深めやすいゼミであると思います。勝山先生もソフトボール大会の試合だけでなく、練習まで見に来てくださったり、飲み会にも参加していただいたりと、授業外でもゼミ生との交流を大切にしてくださいます。時にやさしく、時に厳しく、学生と真摯に向き合ってくれる勝山先生のもと、仲間と共に勉学に励むことができたことは自分の人生に大きな財産になったと思います。(正岡修)