Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 川嶋 四郎
川嶋 四郎

この世界の片隅に、民事訴訟法学! -「洞熊学校の3人」の駆逐を目指して

教授 川嶋 四郎

<専門分野>民事訴訟法
<研究室>光塩館508

プロフィール

 滋賀県生まれ。膳所高校、早稲田大学、一橋大学大学院で学び、九州大学大学院教授を経て、現職。これまで、「人間に対する温かい眼差しをもち社会正義を実現できる法律実務家」等の育成に努めてきました。困難な時代だからこそ、学生・院生の皆さんとともに、政治やイデオロギーを超えて、「自由で公正なプロセス」を探求し、「人を大切にする国家」のあり方を、共に考えたいと思います。

私の現在の研究:学生の皆さんへ

 これまで民事訴訟法を中心として、民事執行・保全法、倒産法、ADR(裁判外紛争解決手続)、裁判所法、環境訴訟法などをも包含する「民事救済法」という法領域を研究し、その成果をもとに様々な角度から教育に携わってきました。私は、法的な救済を求めて紛争解決過程を利用する人々や企業等が、手続過程における十分な対論を通じて、どのように公正な「法的救済」を創造的に獲得することができるかを探求する果てしなき営みを続けています。法的救済を、民事訴訟法学における「祈り」にも似た気持ちで研究しているのです。

 昨年の秋のことです。誘われて映画『この世界の片隅に』を観てきました。福島原発1号機はアンダー・コントロールされているなどという冗談のような欺瞞さえ忘却の彼方に追いやられつつある現在、この映画は、3・11の「鎮魂」と感じた映画『君の名は。』と共に、忘れ難い作品となりました。失われた「日常」をどのように回復し、今は亡き大切な「人」や「モノ」をどのように心に刻むかは、時がたてばたつほど困難な課題となるようです。そのような「心」の問題に、頼りがいのある最後の法的救済機構と考えられる民事訴訟の世界も、どれだけ役に立つか分かりません。それでも、最澄のように「一隅を照らす」活動を、多少とも、この世界の片隅で進めてゆければと考えました(日本の宗教者の中で、伝教大師と法然上人の御影ほど慈悲と救いに満ちたものはありません。特に、一乗寺蔵や金戒光明寺蔵のもの)。最近の民事訴訟法学界が、ことのほか寂しくなってしまったからです。

 ところで、秋はボランティアの季節。九州に住んでいた頃から続けている活動も、ずいぶんと歳月が経過しました。お利口さんの盲導犬の母犬(2頭目)からも、たくさんのことを学んでいます。難病で瀕死の状態となったため帝王切開で産んだ子犬たちを、その翌日から育てようと家中を忙しく探し回っていた献身的な姿は、今でも忘れることができません(ツルゲーネフの詩の言葉を借りるまでもなく、これが(母の)「愛」です。)。彼女の出産を助けるために、6頭もの仲間たちが、輸血に駆けつけてくれました。助っ人がきてくれるたびに、すこぶる具合が悪いにもかかわらず頭を上げて1頭1頭に挨拶をしていた彼女の姿も思い出されます。律儀な娘です。その穏やかな瞳の中に、人間以上のものを感じることもできました。多くの人々のお蔭で、生を得た5頭中の3頭も、盲導犬に育ってゆきました。日本には、現在1000頭もいない中の3頭に。そして、いつからかどこかで誰かの役に立っているのです。彼女も子どもたちも、また確実に、一隅を照らしてくれているのです。

 宮澤賢治は、『洞熊学校を卒業した三人』を書きました。何を学ぶかを考えさせてくれます。洞熊先生の薫陶を受けた、赤い手の長い蜘蛛、銀いろのなめくぢ、そして、顔を洗ったことのない狸が、卒業後、慾呆けから破滅的な人生を送る姿が描かれています。賢治は、当時、学問を身につけた連中たちの行いに対して、無性に腹が立っていたのかもしれません。ここでもまた、この世界の片隅に、一隅を照らす人々への憧憬を感じます(犬たちにも!)。学生の皆さんには、いろいろ期待したいところです。私も、こんなに面白い民事訴訟法学を、こんなにつまらないものにしつつある人々に抗いながら・・・・。

 なお、多少とも「救済法」や「民事訴訟法」の研究に関心をもつ人は、『民事訴訟過程の創造的展開』、『民事救済過程の展望的指針』、『民事訴訟法概説〔第2版〕』(以上、弘文堂)、『差止救済の近未来展望』、『民事訴訟法』(日本評論社)、『公共訴訟の救済法理』(有斐閣)等を、また、法律実務家の養成に関しては、『アメリカ・ロースクール教育論考』(弘文堂)を、さらに、日本の歴史の中での裁判のありようについては、『日本人と裁判』(法律文化社)などを、図書館で手に取ってみてください。

講義・演習・小クラスについて

 2017年は、学部では、「民事手続法概論Ⅰ」、「ADR・仲裁法」、「民事訴訟法」、「倒産処理法Ⅰ(破産法)」、「民事訴訟法演習(2,3,4年)」、「特殊講義(アメリカ民事手続法Ⅰ・Ⅱ)」、「特殊講義(裁判と文学Ⅰ・Ⅱ)」を、大学院では、各種の民事訴訟法演習、法科大学院では、民事訴訟法やADR関係の授業等を担当します。学生の皆さんには、今後も、緊張感をもち、一期一会的な語らいの中で民事救済手続過程と向き合い、公正なプロセスのあり方を探究してもらいたいと願います。特に、私の「演習」では、自由な雰囲気の下、多様な人材が集まることで刺激的な面白い学修の場ができることを期待しています。