Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 西澤 由隆
西澤 由隆 

キーワードは「信頼」

教授 西澤 由隆

E-mail: nishizawa@mail.doshisha.ac.jp
ホームページ: http://ynishiza.doshisha.ac.jp/
<専門分野>投票行動・計量政治
<研究室>光塩館402  Tel:(075)251-3597

プロフィール

同志社大学・法学部を卒業(1981)してから、エール大学の大学院(政治学)で学ぶ(1981-88)。帰国後、明治学院大学に就職し、政治心理学などを担当(89-97)。そして、1997年に同志社大学に入社。趣味はテニスと写真撮影。

私の研究

世界の民主主義諸国は、一つの大きなパズルに直面している。世界の各地で加速度的に民主化が進む中で、欧米や日本のような成熟した民主主義国ではその統治能力の危機がさけばれている。新興の民主主義諸国にしてみれば、民主化をよりいっそう進めたいのだが、自信喪失中の先進民主主義国をお手本にするわけにはいかないのである。「民主主義が健全に機能するための条件は何か」という政治学の古典的な問が、新しい疑問として今、改めて問い直されていると言える。このパズルに対して、私なりのヒントを提供するのが研究者としての課題である。

そのような立場で、市民の政治参加についてこれまでは考えてきた。民主主義の基本は、市民参加であるにもかかわらず、先進民主主義諸国での投票率が低迷している。「危機」の具体的な指標の一つである。では、政治参加のレベルを維持するために、どのような処方箋が考えられるか。私は、有権者は基本的には合理的で、政治参加がそれなりに有効であることを有権者が承知すれば、積極的にそれを利用するようになると考えている。問題は、「参加」と「政治」とのリンクを明確にすることである。

さらに最近は、人間関係における「信頼」の役割について関心を寄せている。政治に積極的に関わる市民が育つには、その人たちのおかれている人間関係が「信頼」に根ざしたものでなければならないと主張する政治学者がある。政治活動の「効果」は、即効性を持つものばかりではない。つまり、自分の時間を犠牲にして政治行動を起こしても、その報いがにわかに自分に返ってくるとは限らない。そんなとき、「自分は馬鹿を見ない」と信じられるか、つまり、他人を信頼できるかどうかが鍵となる。

このようなパズルに答えるために、世論調査データを私は利用する。科学的な理論に基づいた世論調査は、有権者の「心」をかなり適切にあぶり出してくれる。政治学の多くが政治エリートを分析対象とするが、私は、有権者の「ことば」を手がかりに研究をしている。

講義の進め方

教室でのキーワードも「信頼」である。教師と学生が信頼関係で結ばれていることが、教育の大前提だと思う。そのために、学生一人一人との直接の対話を大切にしたいと考えている。

ゼミはもちろんのこと、講義科目でも、学生諸君が主体的に参加できる工夫を心がけている。授業は、原則、60分ぶんしか用意しない。残りは質疑応答に当てる。また、ゲームやシミュレーションも予定している。一緒に考え、一緒に授業を創っていく。大学の授業の楽しいところだ。

ゼミ生の一言

西澤ゼミは「We work hard, but smiling!」というスローガンをそのまま体現したゼミです。ゼミ生一人ひとりが書き上げる論文には、「研究としての質」だけではなく、執筆する本人にとって「ワクワクするような研究テーマ」であることが求められます。面白いパズルを抱えたテーマを見つけ出し、それを論文にまとめ上げることは、非常に難しいことです。しかし、一人ひとりが「ワクワクするような研究テーマ」に全力で取り組んでいるからこそ、ゼミ全体にいつも活き活きとした空気が流れています。そして、このような「We work hard, but smiling!」というゼミの空気が出来上がるのは、いつも納得のいくまで議論に付き合って下さる西澤先生のおかげです。

私は西澤先生から「主体的な参加の重要性」や「論理の組み立て方」など、政治学に留まらず社会人として大切なことを学ばせていただきました。私はどちらかといえば消極的で、人に自分の考えを上手く伝えることも苦手な人間です。しかし、根気強く向き合って下さった西澤先生や、いつも良い刺激を与えてくれたゼミ生のおかげで、ゼミに入る前と今を比べて主体性や論理性についての成長を実感しています。 西澤先生の温かいご指導を賜り、頼りになる仲間たちと切磋琢磨した二年間は、私にとって本当に貴重で有意義な時間であったと胸を張って言えます。今後も残りのゼミ生活を大切に過ごし、さらに多くのことを学び続けたいと思います。

(西澤ゼミ4年 村上皓一)