Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 寺田 貴
寺田 貴

競争と協力のアジア太平洋地域秩序

教授 寺田 貴

<専門分野>国際政治経済論・国際地域研究(アジア太平洋)
<研究室>光塩館423  Tel:(075)251-3621

プロフィール

オーストラリア国立大学大学院でPhDを取得後、シンガポール国立大学助教授、早稲田大学教授を経て2012年より現職。その間英ウォーリック大学客員教授、ウィルソンセンター研究員(ワシントンDC)を務めるなど、海外で長く過ごしました。幸運にもそれぞれの地で多くの愉快な研究者仲間に恵まれ、アジア諸大学とのサイバー講義開講、欧州の大学とのエラスムス・ムンドゥス大学院設置、東南アジア日本研究学会(JSA-ASEAN)設立などを通じて彼らと「共闘」してきました。趣味はジョギングとスカッシュ。また幼少よりプロレス観戦が好きで(体が大きければレスラーにも!)、その頃集めた古い雑誌やVTRが研究室に大量に眠っています。ご関心がある方はいつでもご連絡ください。

私の研究:「競争と協力のアジア太平洋地域秩序」

 国家間協力と競争の問題に関心を持ってきました。ある協力や競争がなぜ「発生」したのか、それらはどのように「展開」され、そしていかなる「結果」になったのか、という3つの現象をこれまでの研究課題としてきましたが、特に日本が位置するアジア太平洋地域の協力と競争に焦点を当ててきました。地域を分析対象とする面白さは、域内と域外を隔てる(目に見えない)境界が作りだす過程とその結果にあります。例えばどの国が入る/入らないのかの問題は、域内協力で扱う内容や統治ルールに影響を与えるため、その因果関係の分析は重要な課題です(米国が排除された東アジア統合と中国が入らないTPPの中身の違いが好例でしょう)。欧州と違って分野ごとに内/外の境界線が動き、それに基づいて組織作りを進めてきたアジア太平洋地域協力は、市場統合、金融協力や地域安保など、参加国家が異なる制度を構築し続けてきました。つまりアジア太平洋にこのような競争や対立を生み出す構造が存在する限り、今後も新しい地域機構が創設されることでしょう。
  現在、中国と台頭によるアジア太平洋地域秩序の変化と将来の行方に強い関心を抱いています。2015年中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を立ち上げました。開発分野での新たな地域機構の誕生です。日米など既存の秩序形成に大きな役割を果たした国々はAIIBに参加していません。今後、開発・金融での協力が進むとともに大国間の競争がどのように展開されるのか、また国際関係理論ではどのようにこの動きが説明できるのかに焦点を当てながら、日英両語での研究発信にも力を入れています。

講義・演習・小クラスについて

演習は3,4年生合同で行っています。前期は学年の垣根を取っ払い、地域統合や金融・開発、安保協力などに関してチームとして研究を進め、合同で論文を書いてもらいます。後期では3年生は早稲田大学政経学部との合同ゼミ発表に向けた準備に取り組む一方、学期末にはゼミ論(3年)・卒論(4年)を提出するため、個々の研究に切磋琢磨して頂きます。合同論文作成や早稲田との合同ゼミの準備段階では、前年に同じように苦労をした4年生が3年生に助言をする場面もしばし見られ、同学年だけでは得られない新しい『縦』の仲間との経験・共闘が本ゼミの特徴です。ただ残念ながら本年は私が在外研究に出るため、演習は開講されません。すみません。