Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. 教員紹介
  3. 飯田 健
iida2013

政治現象への「科学的」アプローチ

准教授 飯田 健

<専門分野>政治行動論・政治学方法論
<研究室>光塩館308  Tel:(075)251-3535

プロフィール

1976年、京都市生まれ、1999年、同志社大学法学部政治学科を卒業。在学中3年次には早稲田大学政治経済学部に第一期生として国内留学。2001年、同志社大学大学院アメリカ研究科博士前期課程を修了し、2007年にテキサス大学オースティン校政治学博士課程を修了(Ph. D. in Government)。早稲田大学高等研究所、同大学院アジア太平洋研究科、神戸大学大学院法学研究科にそれぞれ勤務した後、2013年4月に同志社大学法学部に着任しました。
 趣味はアメリカの草の根保守思想の研究です。大学時代、政治思想に興味がありつつも、実証政治分析への関心が高まり、学問として職業的に研究することは志しませんでした。しかしその後も関心をもち続け、草の根保守の本場であるテキサス州留学時代には現地のリバータリアン党の集会に参加したり、アイン・ランドという思想家の研究会に所属したりして勉強していました。ただし、自らについては典型的なリベラルだと考えています。

私の研究

私の研究は大きく二つに分けられます。第一に、世論と大衆政治行動(mass political behavior)の分析です。最近は特に、政権交代が起こるメカニズムの解明に関心を寄せており、政権交代をもたらした1993年、2009年、2012年総選挙など日本の選挙の結果について各選挙の具体的な争点などから個別に説明するのではなく、一つの新たな理論的観点から体系的に理解しようと試みています。より具体的に、リスクや不確実性が高くとも、とにかく現状を変えたいと願う有権者のリスク受容的な態度が、有権者の投票行動を理解する鍵となるのではないかと考えています。どのような条件下で有権者はよりリスク受容的となるのか、政党はどのような戦略によって自らの不確実性を良い意味で増幅できるのか、このような有権者の投票行動は日本政治にどのような帰結をもたらすのかといった問いに答えることがこの研究の中心的な課題となります。またそれ以外にも、世論・政治意識に関する多国間比較研究や、アメリカの選挙分析などにも取り組んでいます。
 第二に、理論と実証分析との融合に関する研究。私は政治学の研究において最も重要なのは理論であると考えています。理論とは、なぜある政治現象が起こったのかについて、原因と結果との因果関係を論理的に記述したものです。統計分析や事例研究などの実証分析はあくまでこうした理論から導かれた仮説を検証する道具に過ぎず、理論そのものが面白くなければ実証分析をする意味がありません。とは言えいくら理論が面白くとも、その正しさを証明する厳密な証拠を見つけられなければ面白さは半減です。これらを踏まえて、理論の正しさをより厳密に検証できる理論構築法、リサーチデザイン、統計分析手法、社会科学実験の方法について研究しています。

講義・演習・小クラスについて

今年度の講義は「社会調査概論」、「政治データ分析」、「政治行動論」を担当します。「社会調査概論」ではマスコミなどが頻繁に行う世論調査の理論と実際について広く浅く学びます。「政治データ分析」では、世論調査などで集められた実際のデータを分析する手法について学びます。「政治行動論」では有権者の政治行動に関する理論を学びます。

各演習については、大きく次の方針を掲げたいと思います。①最終目標は個人研究論文の作成。②研究テーマは現代政治に関するものであれば何でも良いが、合理的選択論にもとづく厳密な理論構築と実証分析を行う。③研究対象についての「知識」よりも、研究対象を分析する「方法」の習得を重視する。これらを通じて、実社会でも役に立つ「説得の技術」を身につけられればと思います。