Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. TOP
  2. TOPICS & NEWS
  3. 一般
  4. 国際商事模擬仲裁大会へ同志社大学チームが出場

国際商事模擬仲裁大会へ同志社大学チームが出場

 

20170522_学生研究活動報告書_Vis Moot写真追加5

 

 2017年3月から4月にかけて、香港(中国)とウィーン(オーストリー)で開催された国際商事模擬仲裁大会(William C. Vis International Commercial Arbitration Moot)及び、日本とソフィア(ブルガリア)で開催された大会にも出場いたしました。本大会は、架空の企業間の紛争を題材に、世界中のロースクール生や法学部生が企業の代理人に扮して書面の部と弁論の部で競い合う模擬仲裁大会です。

 日本大会では、英語部門にて1位、日本語部門にて3位という結果を残すことができました。また、ソフィア大会では、数多くの強豪校と3日間に及ぶ総当たり戦を行いました。始めは緊張する弁論も数をこなすことで、次第に自信をつけることができ、臆することなく香港大会とウィーン大会に挑戦することができました。

 香港大会においては、書面の部において申立人の優秀書面賞(Honorable Mention)を頂くことができました。海外ロースクール生が多数参加する中、ほぼ学部生によって執筆された同志社大学の書面が評価されたことは、喜ばしい限りですが、弁論の部では世界の壁の高さを感じざるを得ませんでした。大会期間中は、仲裁人を務めてくださった実務家や大学の教授から、大変貴重なアドバイスを頂いたり、海外のロースクール生や学部生と親しくなれたりと、大変有意義な時間を過ごすことができました。