このページの本文へ移動
ページの先頭です
以下、ナビゲーションになります
以下、本文になります

院生会

院生会とは

大学院に入学すると、利用できる研究施設の数が増加するとともに、大学院共同図書室における必要書籍の購入、コピー補助が受けられるなど、学部生と比較して補助や設備の利用範囲が広がる点に気づかされることでしょう。こうした研究環境の向上に大きな役割を果たしているのが『法学研究科院生会』です。院生会はすべての法学研究科院生によって構成されている組織で、みなさんも入学と同時に院生会の会員となります。当会は、「会員の学問研究をすすめ、そのための条件確保につとめ、これをさまたげるすべての問題に対処すること」を唯一の目的としています。
院生会には二つの機関があります。一つは『法学研究科院生総会』です。院生会の最高議決機関である「院生総会」は原則として6月に開かれ、ここで研究室の利用をはじめ、院生すべての研究活動に関係する事項についての討議・議決がなされます。院生は院生会の構成員であり、会における意思決定にはすべての院生が参加する権利を有し、義務を負います。そのため、総会に出席できない院生は、委任状により出席権と議決権を行使することができるのです。
もう一つの機関は、最高執行機関である『法学研究科院生会幹事会』です。幹事会役員は総会において選出され、総会の決議に従って行動します。役員は、代表幹事・副代表幹事をはじめ、会計等をそれぞれの幹事が担当しています。この幹事会が院生会の代表をつとめ、よりよい研究環境の実現に尽力しています。
近年院生会は、光塩館における新たな研究施設の充実、そして院生数増加に対応できる組織への転換に努力してきました。しかし、研究施設を充実させたとしても、それをどのようにすればよりうまく利用できるのかという問題は残ります。これは新入生のみなさんにもかかわってくる問題です。法学研究科では、研究施設の利用が院生による自律的運用に任されています。すべての院生が有意義な研究活動を行えるよう、みなさん一人ひとりの責任ある行動を期待しています。

法学研究科の研究環境

法学研究科の研究環境、研究に必要な図書の購入方法等を紹介しています。
法学研究科の研究環境[PDF 798KB]

院生会会計

1.会計の目的

会計の目的は、院生会規約第2条の目的に従い、必要な経費を会費などにより賄い、院生会の活動の経済的基盤とすることです(規約9条[1])。

2.会費

在学年数に係りなく、前期課程1,000円、後期課程1,500円(規約9条[3])を入学時に納付します。ただし、前期課程で2年、後期課程では3年に満たない中途退学者については、院生会への申請により、年額500円の計算で返還の手続をとることができます(規約9条[3]但書)。

3.会計期間

会計期間は、毎年4月1日から翌年3月31日まで(規約9条[4])とし、会計報告は、原則として、会計期間終了後の最初の総会において行われ、総会の承認を得る必要があります(規約9条[2])。

4.主な支出

院生会費は、おもに会員への連絡のための印刷費・通信費等に使用されます。また、購入を希望する図書や雑誌があれば、院生総会で承認を得ることで院生会費による購入・継続購入をすることができます。

5.その他

近年は、会員数の増加により、院生会会計支出額が飛躍的に増大しています。未納者の存在は院生会運営に大きな支障をきたします。会費納入についてみなさんのご協力をお願いします。