同志社大学 法学部・法学研究科

  1. 法学部・法学研究科ホーム
  2. 2020年度のニュース一覧
  3. 法学部・法学研究科の2021年度入学試験におけるTOEFL iBT® Special Home Editionへの対応について

法学部・法学研究科の2021年度入学試験におけるTOEFL iBT® Special Home Editionへの対応について

'20年5月18日 更新
 TOEFL iBT®テスト開発・運営を行う米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対する対応策として、日本をはじめとする世界中の国々*においてTOEFL iBTテストの自宅受験「TOEFL iBT® Special Home Edition」を開始しています。*中国本土、イラン除く(4/9現在)
 法学部・法学研究科の入学試験においては、例年TOEFL iBT®テストを出願資格や試験免除の条件として課しているため、「TOEFL iBT® Special Home Edition」の取扱いについて、検討のうえ以下のとおり決定いたしました。

 法学部・法学研究科における2021年度入学試験において、新型コロナ感染症拡大の状況に鑑み、通常の「TOEFL iBT®テスト」に加えて、「TOEFL iBT® Special Home Edition」の受験により発行されたスコアレポートも公式言語能力試験の証明書として認めることといたします。

 なお、2021年度入学試験の詳細については、6月1日に公表される各入学試験要項を確認いただきますようお願いいたします。
 また、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策の影響により、6月1日に公表された入学試験要項の内容に変更が生じる場合があります。入学試験要項の公表後も、同志社大学ホームページ及び法学部・法学研究科ホームページを定期的に確認するようお願いいたします。
 TOEFL iBT®テスト開発・運営を行う米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対する対応策として、日本をはじめとする世界中の国々*においてTOEFL iBTテストの自宅受験「TOEFL iBT® Special Home Edition」を開始しています。*中国本土、イラン除く(4/9現在)
 法学部・法学研究科の入学試験においては、例年TOEFL iBT®テストを出願資格や試験免除の条件として課しているため、「TOEFL iBT® Special Home Edition」の取扱いについて、検討のうえ以下のとおり決定いたしました。

 法学部・法学研究科における2021年度入学試験において、新型コロナ感染症拡大の状況に鑑み、通常の「TOEFL iBT®テスト」に加えて、「TOEFL iBT® Special Home Edition」の受験により発行されたスコアレポートも公式言語能力試験の証明書として認めることといたします。

 なお、2021年度入学試験の詳細については、6月1日に公表される各入学試験要項を確認いただきますようお願いいたします。
 また、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策の影響により、6月1日に公表された入学試験要項の内容に変更が生じる場合があります。入学試験要項の公表後も、同志社大学ホームページ及び法学部・法学研究科ホームページを定期的に確認するようお願いいたします。