同志社大学 法学部・法学研究科

アリゾナ大学
(ダブル・ディグリープログラム)

アリゾナ大学ロースクール
アメリカ・アリゾナ州ツーソン市に本拠地を置く州立大学である アリゾナ大学 James E. Rogers College of Law(ロースクール)と協働で実施しているダブル・ディグリープログラムです。
本プログラム参加学生は、同志社大学で3年または3年半、アリゾナ大学で2年修学します。
双方の大学で所定の単位を修得すれば、同志社大学の学士号とアリゾナ大学のJuris Doctor Degree(JD/法務博士) がそれぞれ授与されます。
本プログラムは法学部在学生だけでなく卒業生の参加も可能であり、修了者には米国司法試験受験資格が与えられます。

特長

  • 参加年次を選択できる(3年または4年次)
  • 両学位取得に必要な学修期間を最大2年短縮することができる
  • 帰国後の単位認定申請(任意)により、最大29単位分まで同志社大学の卒業必要単位として認定される※1
  • 同志社大学で修得した法律科目が最大29単位分までアリゾナ大学の修了単位として認定される
  • アリゾナ大学のJ.D. Degreeを取得すれば、全米で有効な司法試験受験資格を得られる
  • 夏の長期休暇を様々な学外活動に有効活用できる
  • 法学部卒業後5年以内(目安)の卒業生であれば本制度利用可

※1 2012年度以降の法学部入学者かつ3年次参加学生に適用

アリゾナ大学

アリゾナ大学は、1885年に設置されたアリゾナ州最古の研究大学であり、特に先端技術産業の集積地として中心的な役割を果たし国際的にも高い評価を得ている。
アメリカでは難関校として知られ、国内数校の公立大学とともに高い教育の質を誇る「州立版アイビー・リーグ・スクール(Public Ivy)」と呼ばれている。

大学周辺地図(James E. Rogers College of Law)

プログラム概要

構成

3年次参加の場合
3年次から参加する場合、5年間を10学期に分けて履修します。
1年次から3年次の春学期まで(計5学期)同志社大学で過ごし、科目群を履修します。
そして、3年次の秋学期から5年次の春学期(計4学期)にかけてはアリゾナ大学で科目群を履修します。
5年次の秋学期(第10学期)に同志社大学に戻り、残りの科目履修を済ませるとプログラム修了となります。
学位授与式は3月下旬に同志社大学で行われます。

学年授業期間履修単位数
1~2年次第1~4学期<同志社大学>
97単位
3年次第5学期(春:4月~8月)
第6学期(秋:8月~12月)<アリゾナ大学>
59単位
4年次第7学期(春:1月~5月)
第8学期(秋:8月~12月)
5年次第9学期(春:1月~5月)
第10学期(秋:9月~2月)<同志社大学>
2単位
※表内の単位数は参考例

4年次参加の場合
4年次から参加する場合、5年半を11学期に分けて履修します。
1年次から4年次の春学期まで(計7学期)同志社大学で過ごし、科目群を履修します。
そして、4年次の秋学期から6年次の春学期(計4学期)にかけてはアリゾナ大学で科目群を履修します。
6年次の5月にアリゾナ大学を修了した後は、留学前の修得済単位数によって以下のいずれかに該当します。
1)留学前に同志社大学で卒業必要単位数128単位を修得済の学生はプログラム修了となります。
学位授与式は9月下旬に同志社大学で行われます。
2)留学前に同志社大学で卒業必要単位数128単位を未取得の学生は、6年次の秋学期(第12学期)に同志社大学に戻り、残りの科目履修を済ませるとプログラム修了となります。
学位授与式は3月下旬に同志社大学で行われます。

学年授業期間履修単位数
1~3年次第1~6学期<同志社大学>
128単位
4年次第7学期(春:4月~8月)
第8学期(秋:8月~12月)<アリゾナ大学>
59単位
5年次第9学期(春:1月~5月)
第10学期(秋:8月~12月)
6年次第11学期(春:1月~5月)
※表内の単位数は参考例

卒業生参加の場合
法学部卒業生が参加する場合、在学生と同様に2年間をアリゾナ大学で過ごし、所定の単位を修得すればアリゾナ大学の学位が授与されます。

卒業・修了要件

同志社大学
卒業要件128単位修得
取得可能学位学士(法学)

卒業必要単位数は128単位です。
2012年度以降の入学者かつ3年次参加学生のみ、留学終了後アリゾナ大学で修得した単位を最大29単位分まで同志社大学卒業必要単位の一部として認定申請することが可能です。
同志社大学では1~4単位科目を中心に授業を提供しています。

アリゾナ大学
修了要件88単位修得
取得可能学位Juris Doctor Degree

修了必要単位数は88単位です。
全ての参加学生は、同志社大学で修得した法律科目単位を最大29単位分までアリゾナ大学修了単位の一部として認定申請することが可能です。
アリゾナ大学では少なくとも59単位の履修※1が必要となります。
アリゾナ大学では3単位科目を中心に授業を提供しています。

※1 取得必要単位数は変更される場合があります。

参加要件

本プログラム参加推薦を受けるためには、参加申請時に以下の要件を全て満たしている必要があります。

対象者法律学科 3年次生以上
  • 卒業生の参加可※1
学業成績GPA3.0以上※2
  • 参加申請時点
英語力※3※4※5
(ひとつ選択)
IELTS™ 総合7.5
  • 項目指定なし
TOEFL iBT®テスト 総合100
  • 項目指定なし
国籍制限なし
  • アメリカ国籍学生の本プログラム参加可
派遣人数制限なし
  • アリゾナ大学による別途受入審査あり

※1 卒業後5年以内が目安となります。
※2 基準を満たしている事が好ましいですが、評価は総合的に行なわれますのでこの限りではありません。
※3 参加言語は英語です。母語または第一言語が英語である学生や英語圏国籍取得者であっても、卒業高校(最終学位を取得した教育機関)が位置する国の公用語が英語でない場合は、英語力を証明しなければなりません。
※4 指定スコアを満たしていないが参加申請を希望する場合、申請期間開始までにご相談ください。
※5 項目毎の基準点は設定されていませんが、各項目で均等に点数が取れていることが求められます。
母語・・・幼少期より使用している言語(複数言語になる場合もあり)
第一言語・・・母語の中で、日常生活において最も上手く使いこなせる言語
※一般的に日本で使用されている「母国語」は出身国の言語を表す

学費と諸費用、他

学費
本プログラム参加学生は、同志社大学を卒業するまで全学費を同志社大学に納めていただく※1必要があります。
2年間の留学期間中は特別在籍料(30万円/年)のみ納入いただきます。

アリゾナ大学の学費(JD for non-U.S. Lawyers参照)、および本プログラム参加に係る費用[査証(ビザ)申請、旅費、滞在費、その他費用(保険など)]は、全額自己負担となります。

現地生活費の目安
1,500~2,000米ドル/月

住居
希望者は大学寮への入寮申請が可能です。
Housing & Residential Life

※1 留学時、同志社大学在学生に適用されます。

参加方法

本プログラムに参加するには、同志社大学法学部在学生または法学部卒業生でなければなりません。
プログラム詳細は、アリゾナ大学が提供するプログラム紹介動画で確認してください。
審査時期および提出書類等の詳細は参加方法ページで確認してください。
卒業生の方は、今出川キャンパス教務センター(法学部)までお問合せください。

アリゾナ大学による受入審査
同志社大学で行われる適性審査(第1次審査)に合格し推薦学生となったのち、別途アリゾナ大学で行われる受入審査(第2次審査)を経て最終的に派遣が決定します。

参加実績
2013年度、2015年度、2019年度、2020年度
※facebookで参加学生の留学レポートを公開しています。

アリゾナ大学ロースクール

ロースクール内模擬法廷