同志社大学 法学部・法学研究科

リーズ大学

リーズ大学
The Brotherton Library
イギリス・リーズ市に本拠地を置く国立大学であるリーズ大学School of Politics and International Studiesと協働実施しているダブル・ディグリープログラムです。

本プログラム参加学生は、1年間を同志社大学で、1年間をリーズ大学で修学します。そして、所定の単位を修得のうえ2種類の修士論文を提出、最終審査に合格することで両大学からそれぞれ学位が授与されます。

特長
  • 両学位取得に必要な学修期間を最大2年短縮することができる
  • 個人留学時の8割程度の費用負担で両大学の学位を取得できる
  • 帰国後に単位認定申請を行えば、最大10単位分まで修了単位として認定される
  • 帰国後の長期休暇を様々な学外活動に有効活用することができる

リーズ大学

19世紀に創設された the Leeds School of Medicine と the Yorkshire College of Science and Technology の2校が合併し、1904年にリーズ大学が設立されました。150ヶ国以上から7,000人以上の留学生が在籍している、英国でも有数の規模を誇る教育機関です。その研究力・教育水準は国際的にも高く評価されており、2名のノーベル賞受賞者を輩出しています。

大学周辺地図(School of Law)
プログラム概要

プログラム概要

※Following information is for program participants from Doshisha University. Students from the University of Leeds can jump to the information page for partner students from here.

プログラム構成

2年間を4学期に分けて履修します。
1年次の春学期は同志社大学で科目群を履修します。そして、秋学期から翌年6月までリーズ大学で科目群を履修および1編目の修士論文を提出します。最終学期となる2年次の秋学期に同志社大学へ戻り、残りの科目履修と同時に英文による2編目の修士論文を完成させます。
学位授与式は3月下旬に同志社大学で行われます。

学年授業期間履修科目/単位数
1年次春学期(4月~8月)<同志社大学>
6科目(12単位)
修士論文指導(DU1)
秋学期(9月~12月)<リーズ大学>
4科目(120単位)
修士論文(POLIS)
2年次春学期(1月~5月)
秋学期(9月~2月)<同志社大学>
2科目(4単位)
修士論文指導(DU2)
修士論文(DU)
※表内の科目および単位数は参考例

必要単位数

同志社大学
修了要件30単位修得
修士論文(DU)最終審査合格(単位付与なし)
取得可能学位修士(比較政治学)

修了必要単位数は30単位です。そのうち、最大10単位分までリーズ大学で修得した単位を認定することが可能です。したがって、同志社大学では少なくとも20単位の科目履修が必要となります。
同志社大学では1科目あたり2単位の授業が中心となります。

リーズ大学
修了要件120単位修得
修士論文(POLIS)最終審査合格(60単位付与)
取得可能学位
(専攻により異なる)
  • MA Conflict, Development and Security
  • MA Global Development
  • MA Global Development and Education
  • MA Global Governance and Diplomacy
  • MA Global Political Economy
  • MA International Relations
  • MSc Political Science
  • MA Security, Terrorism and Insurgency
  • MSc Security, Conflicts and Justice
  • MA Social and Political Thought
*2021年度実績(年度毎に若干の変更有)

修了必要単位数は180単位で、そのうち60単位は修士論文に付与されます。同志社大学で修得した単位の認定は行われないため、リーズ大学では120単位の科目履修が必要となります。
リーズ大学では1科目あたり30単位の授業が中心となります。

参加要件

本プログラム参加推薦を受けるためには、参加申請時に以下の要件を全て満たしている必要があります。

対象者前期(修士)課程 政治学専攻
  • 前期課程2年次生の参加可
  • 詳細は事務室にお問い合わせください
国籍制限なし
  • イギリス国籍学生の本プログラム参加可
派遣人数5名

英語力

基本言語は英語です。第一言語または母語が英語でない学生、そして、英語圏国籍取得者や第一言語または母語が英語である学生であっても、最終学位を取得した教育機関が位置する国の公用語が英語でない場合は、指定する英語試験で語学力を証明しなければなりません。基準点は以下の通りです。

基準点
最低条件は変更されることがあります
  • IELTS™総合6.5(全項目6.0以上)
※2022年度 特例条件なし

※スコアが基準に満たない場合でも、リーズ大学のLanguage Centreで事前語学コース(費用は自己負担)を受講することで参加可能となる場合があります。ただし、渡航時期が大幅に早まります。詳細は事務室までお問い合わせください。
母語・・・幼少期より使用している言語(複数言語になる場合もあり)
第一言語・・・母語の中で、日常生活において最も上手く使いこなせる言語
※一般的に日本で使用されている「母国語」は出身国の言語を表す

学業成績

基準評価
GPA 3.0以上(学部課程)

学費と諸費用

本プログラム参加者は、同志社大学を修了するまで、全学費を同志社大学に納めていただく必要があります。留学期間中は特別在籍料(1年間30万円)のみ納入いただきます。
リーズ大学の学費20,250~21,250ポンド/年(2021年度実績*専攻により異なる)、および本プログラム参加に係る費用[査証申請、旅費、滞在費、その他費用(保険等)]は、全額自己負担となります。なお、リーズ大学より学費の15%相当額が奨学金として学費減額方式で支給されます。

現地生活費の目安
800~900ポンド/月

参加方法

審査時期および提出書類等の詳細は参加方法ページで確認してください。