同志社大学 法学部・法学研究科

  1. 法学部・法学研究科ホーム
  2. 次世代リーダープログラム
  3. ダブル・ディグリープログラム(概要)

ダブル・ディグリープログラム

同志社大学と協定大学にそれぞれ一定期間修学のうえ、
履修単位をはじめとする全要件を満たすと
双方の大学から学位を取得できるプログラムです。

本プログラムの公式言語は英語であり、参加に際し英語以外の現地公用語能力の有無を必須としていません。双方の大学の協力によってプログラムを構成しているため、時間・費用・修得単位数など個人留学する場合と比較して優遇されます。

2018年12月現在、法学部・法学研究科とダブル・ディグリープログラムを実施している協定大学は以下のとおりです。大学名をクリックすると、各プログラム詳細ページをご覧いただけます。

ダブル・ディグリープログラム協定大学

大学院プログラム
対象者:博士課程 前期(修士)課程生
国名
大学名
協定先対象者専攻
イギリス
シェフィールド大学
School of Law博士課程 前期(修士)課程生政治学・私法学・公法学
韓国
成均館大学
Graduate School of Governance博士課程 前期(修士)課程生政治学・私法学・公法学
スイス
チューリッヒ大学
Faculty of Law博士課程 前期(修士)課程生私法学・公法学
台湾
淡江大学
Graduate Institute of Japanese Political and Economic Studies博士課程 前期(修士)課程生政治学
タイ
タマサート大学
Faculty of Law博士課程 前期(修士)課程生私法学・公法学
中国
中国人民大学
Law School博士課程 前期(修士)課程生私法学・公法学
台湾
東呉大学
School of Law博士課程 前期(修士)課程生私法学・公法学
イギリス
リーズ大学
Faculty of Education, Social Sciences and Law博士課程 前期(修士)課程生政治学

学部プログラム
対象者:学部3年次生以上
国名
大学名
協定先学科
アメリカ
アリゾナ大学
James E. Rogers College of Law法律学科