同志社大学 法学部・法学研究科

法律学科

不作為処罰の比較法的検討

助教  池田 直人

池田 直人
専門分野刑事法
研究室光塩館525

私の研究

 犯罪は、通常、手拳で殴打する、凶器で攻撃するといったように、積極的な作為によって遂行されます。他方、犯罪は、親が子に食事を与えない、自動車により人身事故を起こした後に負傷者の救護を行わないといったように、不作為によっても遂行できると考えられています。私の研究テーマは、不作為に対する処罰の在り方を比較法的に検討することです。
 日本の現行法には、不退去罪や保護責任者不保護罪のように、不作為を処罰する旨が明定されている犯罪もありますが、殺人罪をはじめとする多くの犯罪では、処罰対象の不作為が明定されているわけではありません。この場合について、現在では、被害者または直接の攻撃者と一定の社会的関係にある者には、被害者の法益を保護し、あるいは、直接の攻撃者の攻撃を阻止すべき高度の法的義務が課され、この義務の履行を怠った場合には犯罪が成立する、との理論に基づき処罰が行われています(不真正不作為犯の理論)。ところで、不作為に対する刑事法的規制が要請される場面には、上述のように多様な事案類型が含まれます。そのため、処罰対象の不作為を画定する際には、事案類型ごとに実態に即したルールを形成することが望ましいと思われます。そして、より適切なルールを模索する際には、同様の社会現象に対する諸外国の処罰の在り方が大いに参考になると考えられます。私は、現在、このような観点から、日本法と基本的な法概念を共有するドイツ語法圏の不真正不作為犯の理論の実態を中心的に研究しています。
 また、ドイツ語法圏には、被害者の生命等が切迫した危険にさらされている状況で、上述の高度の法的義務が課されていない者にも救護を義務づける犯罪が存在します。日本では、伝統的に、市民の自由を尊重する観点から、この種の犯罪の導入は見送られてきましたが、近時では、市民間の連帯を通じた脆弱者の保護というコンセプトが再評価されつつあり(例えば児童虐待防止法4 条)、近い将来、この種の規定の新設が正面から検討される時が訪れるかもしれません。そこで、今後は、ドイツ語法圏の議論を踏まえつつ、この種の刑事法的規制に関する現実的な選択肢についても研究を進めたいと考えています。

講義・演習・小クラスについて

 本年度は、講義科目として、「リーガルリサーチ」「刑法総論I」「刑法総論II」「文献研究(英語)」を担当します。また、「2年次演習(刑法)」では、刑法総論の重要判例を第一審から精読することを通じて、日本の刑事法判例の取扱いに習熟することを目指します。

プロフィール

 1993年、広島県広島市生まれ。2012年、広島市立基町高等学校を卒業後、東京大学(文科I類)入学。2016年、同法学部在学中、司法試験予備試験合格。同年、同学部を卒業後、同大学院法学政治学研究科法曹養成専攻(ロースクール)既修者コース進学。司法試験合格のため、2017年、同コース中退。同年、東京大学大学院法学政治学研究科助教に着任。途中、司法修習(71期)を経て、2021年3月まで同職。同年4月、本学法学部・法学研究科助教として着任。