同志社大学 法学部・法学研究科

法律学科

「手続法の論理」で民法上の権利は変化するか

教授 梶山 玉香

教授 梶山 玉香
専門分野民事法
研究室光塩館409
TEL(075)251-3587
E-mailtkajiyam@mail.doshisha.ac.jp
 ゼミHP
 業績リスト

私の研究

 大学院以来、主として、民法と手続法が交錯する領域を研究しています。たとえば、不当判決に基づいて強制執行が申し立てられたり、債務者以外の人の財産が差し押さえられたりした場合、民事執行法は救済手段を用意しています。しかし、そうした手段を用いず、手続終了後に、執行債権者に対して不当利得返還請求等をすることはできるか、という問題です。
 担保権者がどのような権利を有するかも、交錯領域の問題です。担保権は民法上の権利ですが、実際、「優先」を主張する場面は執行や倒産等の手続です。その際、しばしば「手続法の論理」から、担保権その他の実体権が「制約」されます。
 最近は、差押物件の使用収益や差押え禁止財産について、研究をしています。「差押え」、「差押え禁止」によって実体権の内容に「変化」が生じるのか、です。
 要するに、「手続法の論理」と「民法の論理」は時に衝突する(ように見える)けれど、本当に相容れないのか、が私の関心事です。大学院時代に教えを受けた先生からは、「手続内の現象は手続法、実体法の双方から眺めなければならない。手続にあっても、実体法が機能するはずだから」とよく言われました。その言葉を胸に、コツコツ愚直に取り組みたいと思います。

講義・演習・小クラスについて

 今年度は、春学期、1年生の基礎科目「民法概論」と展開科目「民法Ⅵ a(親族)」を担当します。「民法概論」は、民法教員全員(6名)で担当し、それぞれの立場から民法の面白さや奥深さを伝えます。秋学期は、展開科目「民法Ⅳ b(債権総論②」を担当します。2020年4月施行の改正民法によって内容ががらりと変わる分野、責任財産保全や保証などを扱います。
 ゼミは「知識を使う」力を試し、伸ばす機会です。知識は独学でも身につけることができますが、それを使う力は実践することでしか身につきません。年末の学内民法系合同ゼミ(3年生)は、今年で13回目を迎え、そうした力を飛躍的に伸ばす機会となっています。梶山ゼミは初回から毎年出場しています。
 ただ、今年はどうするか、それは、今年度のゼミ生次第です。そもそも、大学では、「誰かにやらされる」ものはありません。本来、新しい知識を得ること、物事を考えること、仲間と議論することは「楽しい」ことです。もちろん、講義やゼミを楽しいものにするためには、みんなが、少しばかり面倒なこともしなければなりませんけどね。そんな話を含めて、ゼミのあれこれは、
Kajitama News : http://purple.ap.teacup.com/kajitama/ で。

プロフィール

 1966年大阪生まれ。4歳から23年間、南河内の藤井寺で暮らしました。1985年に大阪府立生野高校から同志社大学法学部へ入学。1989年、同大学院法学研究科に進学、1993年、助手として残り、現在に至ります。 今春、学部ゼミでは20期生が卒業しました。時々、卒業生や修了生がふらりとゼミに立ち寄り、現役生にまじって議論やコンパに参加します。その自由さが気に入っています。
 大学4年生の息子がいます。音楽学部でコントラバスを専攻しています。息子とはいえ、もう成人ですから、今は、親というより、若きコントラバス奏者のサポーターの立場で応援しています。
 基本的に「出不精」ですが、毎年、春に六甲山へ出かけ、子ヒツジと遊ぶことにしています。動物園、水族館には積極的に出かけます。また、遠出の用事があると、「ついでに」周辺の博物館や史跡を訪ねます。自分で「テーマ」を決め、公共交通機関を使い、数時間でいかに効率よく、充実した内容にするかにこだわっています(昨年は、鹿児島(村田新八)、佐賀(江藤新平)の史跡巡り)。