同志社大学 法学部・法学研究科

法律学科

「手続法の論理」で民法上の権利は変化するか

教授 梶山 玉香

教授 梶山 玉香
専門分野民事法
研究室光塩館409
TEL(075)251-3587
E-mailtkajiyam@mail.doshisha.ac.jp
 ゼミHP
 業績リスト

私の研究

 大学院以来、主として、民法と手続法が交錯する領域を研究しています。たとえば、不当判決に基づいて強制執行が申し立てられたり、債務者以外の人の財産が差し押さえられたりした場合、民事執行法は救済手段を用意しています。しかし、そうした手段を用いず、手続終了後に、執行債権者に対して不当利得返還請求等をすることはできるか、という問題です。
 担保権者がどのような権利を有するかも、交錯領域の問題です。担保権は民法上の権利ですが、実際、「優先」を主張する場面は執行や倒産等の手続です。その際、しばしば「手続法の論理」から、担保権その他の実体権が「制約」されます。
 最近は、差押物件の使用収益や差押え禁止財産について、研究をしています。「差押え」、「差押え禁止」によって実体権の内容に「変化」が生じるのか、です。
 要するに、「手続法の論理」と「民法の論理」は時に衝突する( ように見える) けれど、本当に相容れないのか、が私の研究テーマです。
 また、数年来、障害のある学生の支援にも関わっています。2 年前に「同志社バリアフリープロジェクト」(https://www1.doshisha.ac.jp/~msakata/barrierfree/) を立ち上げ、教材のテキストデータ化、音声認識ソフトによる授業内容の視覚化に取り組みました。今は教育方法の検討にとどまっていますが、新たな研究分野として関心を持っています。

講義・演習・小クラスについて

 今年度、民法科目としては、春学期、基礎科目「民法概論」と展開科目「民法Ⅰb(総則②)」、秋学期は、展開科目「民法Ⅱ(物権)」を担当します。その他、入門科目「リーガル・リサーチ」(春)、「教育実習指導/教職実践演習」(春・秋)、複合領域科目「ダイバーシティー社会における『支え合い』を考える」(秋)も担当します。
 2年秋からのゼミは「知識を使う」力を試し、伸ばす機会です。知識は独学でも身につけることができますが、それを使う力は実践することでしか身につきません。年末の学内民法系合同ゼミ(3年生) は、今年で15回目を迎え、そうした力を飛躍的に伸ばす機会となっています。梶山ゼミは初回から毎年出場しています。
 ただ、今年はどうするか、それは、今年度のゼミ生次第です。そもそも、大学では、「誰かにやらされる」ものはありません。本来、新しい知識を得ること、物事を考えること、仲間と議論することは「楽しい」ことです。もちろん、講義やゼミを楽しいものにするためには、みんなが、少しばかり面倒なこともしなければなりませんけどね。
そんな話を含めて、ゼミのあれこれは、
Kajitama News:http://purple.ap.teacup.com/kajitama/ で。

プロフィール

 1966年大阪生まれ。4歳から23年問、南河内の藤井寺で暮らしました。1985年に大阪府立生野高校から同志社大学法学部へ入学。1989年、同大学院法学研究科に進学、1993年、助手として残り、現在に至ります。
 今春、学部ゼミでは22期生が卒業し、大学院では修士13期生(ただし、3・8・9・11期生は不在)が修了しました。OB・OG会は組織していませんが、時々、卒業生や修了生がふらりとゼミに立ち寄り、現役生にまじって議論やコンパに参加します。昨年度は、オンラインゼミにも参加してくれました。その自由さが気に入っています。
 一人息子は音楽高校・音楽大学を経て、昨年春、音楽大学院へ進みましたが、コロナ禍でレッスンや演奏会に制約があり、思うように学べない様子でした。もう成人ですから、今は、親というより、若きコントラバス奏者のサポーターの立場で応援しています。
 昨年は自粛しましたが、毎年、春に六甲山へ出かけ、子ヒツジと遊ぶことにしています。動物園、水族館には積極的に出かけます。また、遠出の用事があると、「ついでに」周辺の博物館や史跡を訪ねます。自分で「テーマ」を決め、公共交通機関を使い、数時間でいかに効率よく、充実した内容にするかにこだわっています。