同志社大学 法学部・法学研究科

法律学科

民事法学における現代的諸問題

教授 川和 功子

教授 川和 功子
専門分野民法
研究室光塩館404
TEL(075)251-3901
 業績リスト

私の研究

 主に債権法、不法行為法の分野における民事責任、消費者法、インターネット法、家族法に興味があります。コンピュータ・ソフトウエアやハードウエア、データベースなどの、専門的知識の格差が存在する当事者間において高度な技術を使用した商品が取引される電子情報取引の債務内容の確定、損害賠償、品質保証などに関わる、契約責任、製造物責任などの不法行為責任についての検討を行ってきました。その後内閣府からの研究助成金を得て、諸外国の消費者法制についての研究プロジェクトに参加したことをきっかけに、消費者法の研究も始めました。
 最近は、クロレラなど、健康食品を含む広告に基づく民事責任、消費者に対する詐欺的な行為や不利な条項がある場合の契約責任、こんにゃくゼリーによる誤飲事故と製造物責任法、音楽ファイル、ソフトウェア等のデジタル情報についての契約責任などについても研究しています。また、凍結精子による生殖補助医療など現代的な家族法の問題にも関心があります。今後も取引的地位、専門的知識、情報量の格差が存在する当事者間における、契約責任、不法行為責任について主に研究していきたいと思っています。

講義・演習・小クラスについて

 講義は民法概論の一部(売買契約、債務不履行等)と、発展科目としては2年次から受講可能な債権総論①と不法
行為法を担当します。復習問題の出題、論点整理、復習の時間を設けたりしながら、わかりやすく学べるように努力していきたいと思っています。

ゼミ生から一言

・ 川和先生はとっても親しみやすくて、授業レジュメがすごくわかりやすい先生です。

・ 川和ゼミでは、和気あいあいとした雰囲気の中で、ゼミ生一人一人が自分の興味がある分野について自由に研究
できます。それぞれのテーマは民法に限られないため、判例報告やディベートを通じて、今まで興味を持っていなかった分野に対する知識も深められるところが川和ゼミの良さではないかと思います。また四回生になると、今までの研究の成果として卒業論文に取り組み、完成時には大きな達成感を得ることができます。

・ 川和ゼミの良さはゼミ生の雰囲気や仲の良さにもあると思います。自分が1 つの分野を深く研究したいのであればその分野をとことん研究することができると思います。逆にやりたい気持ちはあるものの、まだ具体的に決まっていない学生はさまざまな分野を研究していくうちに本当に自分がやってみたいこと、興味を持っていることが絞られるのではないかと思います。

・ 川和ゼミは横だけではなく縦の繋がりが他のゼミに比べて強いと感じます。縦コンをして仲を深めるだけでなく、川和先生が多く企画してくださる上回生の就活セミナーなどでは、実際に個別相談にのって貰えたり、アドバイスも頂けます。特に将来の進路が決まっていない人には、様々な先輩のお話を聞けることは、これから自分の進路を決めるにあたって参考になると思います。様々な分野に興味を持つ人が多い川和ゼミだからこそ色々な先輩方のお話を聞くことができ、自分の見方がより幅広くなり、剌激にもなります。

・ 川和ゼミでは、自分の興味がある分野について取り上げ、報告発表が出来ます。一つの分野をずっと研究したい人にも、複数の分野に興味がある人にもぴったりなゼミです。四回生になると、集大成として卒論を書き上げます。論文の体裁的な部分や脚注のつけかたといった基本的なところから指導を受けることができるので、自分が満足できる論文を作成できます。

・ 川和ゼミの特徴は、自分が興味を持った題材について自由に報告できることです。そのためゼミでは、報告者の問題意識次第で、民法の基礎的な分野から消費者法等の発展的な分野まで様々な領域を扱うことができます。題材の選定、レジュメ作成に困ったときには、川和先生やTA・SA の先輩から丁寧なアドバイスを受けられるため安心です。また、法学研究科に進学する場合、川和ゼミで抱いた問題意識が研究内容に直結することが多く、本格的な研究の入口としての機能も期待できます。

・ 私にとって川和ゼミでの就職セミナーやキャリアセミナーはとてもありがたい機会となっています。就職活動を終えた先輩方のお話をみんなが動き出す前の早い段階から聞くことができますし、実際に就職して働いている先輩のお話を聞いたり、いろいろな質問をすることでその業界について上辺だけではない本音を聞くことができます。

プロフィール

 京都大学法学部、財団法人比較法研究センター、カリフォルニア大学バークレー校、オックスフォード大学大学院を経て、 1997年から大阪府立大学講師、1998年から2000年までオックスフォード大学で在外研究、 2002年4月から2004年3月まで大阪府立大学助教授。2004年4月から同志社大学助教授、2007年より同志社大学教授。法とコンピュータ学会、消費者法学会理事。