同志社大学 法学部・法学研究科

法律学科

国際関係私法の研究

教授 高杉 直

教授 高杉 直
専門分野国際私法
研究室光塩館412
TEL(075)251-3909

私の研究

 国際結婚や国際取引など、日本だけでなく外国にも関連する事案(渉外事案)では、常に日本の法律が適用されるとは限りません。日本の裁判所が外国の法律を適用することもあります。どの国の法律が適用されるのかを定める基準、つまり渉外事案に適用されるべき国家法を決定する法が「国際私法」です。
 渉外事案の法規律の方法としては、国際私法の他に、予め国際的に統一した私法を作成して直接に適用する方法(統一私法)もあり得ます。特に予見可能性が重視される国際取引に関連する分野で、一定の統一私法が既に存在します。これらは、「国際取引法」の主要な研究対象とされています。
 さらに、渉外事案については、常に日本の裁判所で裁判が行われるとは限りません。手続法上も特別な問題が生じます。これらは「国際民事手続法」の研究対象です。
 以上の「国際私法、国際取引法および国際民事手続法」(=国際関係私法)が、私の主たる研究分野です。
 最近では、国内外の研究者との共同研究として、アジア地域の国際関係私法の統一を目指す研究、統一私法条約の成功・失敗の原因を探る研究、国際取引におけるソフトローと文化に関する研究、国際労働契約法の調和に向けた研究、ハーグ子奪取条約に関する国際家事メディエーションについての研究に従事しています。また、同志社大学を本拠として設置される「京都国際調停センター」に寄与するために、国内外の弁護士や研究者と共同で、国際調停の実務や国際調停人の養成方法についての研究も行っています。

講義について

 講義の基本方針は、「頑張れば必ず報われる」です。期末の筆記試験だけでなく、質疑応答やレポート(提出自由)などの平常点も考慮して成績評価を行ないますので、日常から頑張って学習していれば、平常点だけでも良い成績が取れます(逆に、種々の事情で普段は頑張ることができなかった人も、筆記試験で良い結果を出せば、たとえ平常点がゼロでも良い成績が取れます)。
 講義では、米国やEU などの諸外国の国際関係私法(日本語での資料を配布します)と比較しながら、日本の国際関係私法についての理解を試みます。特に、外国と日本とで異なる点に焦点をあてて、相違の原因は何かということを一緒に考えます。受講生の積極的な予習・復習や授業中での発言を期待しています。

ゼミについて

 ゼミの基本方針は、「楽しく一緒に学問」です。国際関係私法上の問題について、グループ・ワーク形式で、調査・検討・報告を行います。希望に応じて、チーム対戦という形式も用います。
 ゼミ生の希望に応じて、各種イベントにも積極的に参加したいと考えています。3年ゼミは、例年、ゼミ旅行を兼ねて、福岡での合同ゼミ(日本各地から5大学程度の国際私法ゼミが集まる討論会)に参加しています。懇親会・ゼミ旅行なども適度に実施する予定です。過去の4年ゼミ旅行としては、白浜、金沢などの国内のほか、ソウル、ロンドン、イタリアなどの海外に行ったこともあります(すべてゼミ生の希望)。

プロフィール

 1963年、岡山県玉野市で生まれ、瀬戸内海を見ながら育ちました。中高はサッカー中心の生活でした。大阪大学・法学部、同・大学院法学研究科(修士)修了後、住友信託銀行に入社し、大阪・北浜にて3年間勤務。その後、香川大学法学部・講師、帝塚山大学法政策学部・助教授を経て、2004年から現職。現在の趣味は、世界遺産巡りと楽器演奏。