同志社大学 法学部・法学研究科

政治学科

日本人は「勢」とどのように向き合ってきたのか

准教授 望月 詩史

准教授 望月 詩史
専門分野近代日本政治思想史
研究室光塩館307
TEL(075)251-4592
 業績リスト

私の研究

 私の専門は、近現代日本政治思想史です。元々、近代日本ジャーナリストの思想と行動に関心があり、特に石橋湛山(1884-1973年)の思想や思考様式を長年研究してきました。石橋は高校日本史の教科書で「大正デモクラシー期に「小日本主義」を唱えたジャーナリスト」と紹介されています。しかし、「小日本主義」は曖昧な概念です。そこで、石橋の思想を捉える視点として「小日本主義」から一旦離れ、思考様式に注目しました。もし興味があれば拙著『石橋湛山の〈問い〉――日本の針路をめぐって』(法律文化社、2020年)をお読みください。
 さて、石橋研究を進める中で興味を持ったのが、世の中の情勢を「大勢」や「時勢」などの「勢」として把握する傾向が見られたことです。この傾向は、同時代の知識人にも確認できます。代表的人物として、同志社ゆかりの徳富蘇峰(1863-1957年)がいます。彼の時論には頻繁に「勢」が登場し、「勢」への順応を繰り返し説きます。おそらく蘇峰には、「人間には逃れられない、逆らえない運命が存在しており、それに抗するのは不可能」という感覚が存在したのでしょう。そしてこの運命観が「大勢」や「時勢」などの「勢」という言葉で表現されたと考えられます。しかし、蘇峰は「勢」に対して人間が無力である、つまり「勢」に何ら働き掛けることができないとは考えていません。ちなみに蘇峰は、ジャーナリストであると同時に、『近世日本国民史』(全百巻)を著した歴史家でもあります。実は「勢」への関心は、歴史家にも見出せます。蘇峰率いる民友社で活躍した山路愛山はその一人です。さらに遡れば、近世を代表する歴史家の頼山陽の歴史観にもそれを見出せます。「勢」に注目して近現代日本思想を捉え返すと、興味深い事実が浮かび上がります。重要な政治的決断に「勢」観が影響を与えているからです。それではなぜ「勢」を重視する見方が形成されたのでしょうか。この疑問を解明するには、時代を遡って「勢」観を検討する必要があります(ちなみに丸山眞男は「勢」(いきおひ)を日本思想における伝統概念の一つに挙げています)。そこで「日本人は「勢」とどのように向き合ってきたのか」という問いを明らかにするために、近世の「勢」観にも目を向け始めたところです。

講義・演習・小クラスについて

 担当科目は、「政治思想入門」「近代日本政治思想史」「現代日本政治思想史」「2・3・4年次演習」です。「政治思想入門」では、毎回一つの政治概念を取り上げます。「近代日本政治思想史」及び「現代日本政治思想史」は、「政治」をめぐって日本人が何を考えてきたのかを主に知識人の思想に焦点を当てながら学びます。各演習は文献の輪読が中心です。2年次演習では、近代日本政治思想の全体像を掴んでから古典を輪読します(これまでに福沢諭吉『文明論之概略』、中江兆民『三酔人経綸問答』、会沢正志斎『新論』、新渡戸稲造『武士道』などを取り上げました)。3年次演習では、テーマを設定した上で、前期に近代、後期に現代のテクストを輪読します(2020年度は天皇論)。4年次演習では、個人研究もしくは共同研究を遂行し、ゼミ論集の完成を目指します。ゼミ生の希望があれば、ゼミ旅行(2019年度は広島、2020年度は三重(ただしコロナで中止))やゲスト講義も実施します。

プロフィール

 1982年山梨県生まれ。2005 年同志社大学法学部政治学科卒業。2012年同志社大学法学研究科政治学専攻修了。博士(政治学)。同志社大学高等研究教育機構助手、同法学部政治学科助教を経て2018年4月着任。
 趣味はランニング(最近は夜に走っています)、タッチフット(同志社ラグビーをこよなく愛する人達が集うチームに所属。2020年はコロナの影響で練習を開催できず)、そして、NHK「みんなで筋肉体操」(お風呂を沸かしている時間を有効活用)です。無理のない範囲で膝や太ももの筋肉を鍛えた結果、一時期悩まされた右膝の痛みもなくなりました。「筋肉は裏切らない」。「智・徳・体」の調和のとれた人間を目指して精進する毎日です。