同志社大学 法学部・法学研究科

政治学科

近代西洋政治思想史とデモクラシー論

助教 村田 陽

専門分野西洋政治思想史・政治理論
研究室光塩館424
TEL(075)251-3568
 業績リスト

私の研究

 私の研究テーマは、19世紀ブリテンを代表する思想家ジョン・スチュアート・ミル(1806-1873)の政治思想の再検討です。ミルは数多くの著作・論考を残しましたが、私が特に分析対象としているのは、『自由論』(1859年)、『功利主義』(1861年)、『代議制統治論』(1861年)といった後期ミルが残した書物です。一般的にミルは、リベラリズムの論者であり、ジェレミー・ベンサムが提唱した功利主義理論の継承者として理解されます。個人の諸自由、多様性、個性を最大限に擁護したミルの姿は、リベラルな諸価値の意義を再確認させてくれます。また、彼の功利主義思想の目的である社会的「幸福」の達成は、政治が私たちの幸せについてどのように向き合うべきか、という現代社会にも通底する課題を提示します。
 ミルが生きたヴィクトリア期のブリテンでは、代表制デモクラシーが徐々に進展していきました。このような時代のなかで、ミルは様々な「改革」に取り組みました(そのなかには、現代の私たちにとっても馴染み深い比例代表制の提唱や女性参政権の擁護も含まれていました)。現在私は、上述したミルの著作群と当時のデモクラシー論の関係に着目する研究を行っています。同時に、これらのテクストが執筆された歴史的文脈(=コンテクスト)にも焦点を当てた研究を進めています。
 一人の思想家を研究することは、その人物が向き合った広義の政治学的な課題と、その課題への取り組み方、そして学問的結実を分析することを可能にします。ただし、「一人の思想家」であったとしても、私たちと同じように、数多くの人々と共に生きてきた背景があります。つまり、思想家である彼・彼女が受けてきた様々な影響を多角的に解明していくと、その思想家の言説は、多くの人々との「関わり」から生成されてきたことが明らかになります。そのため、知性史(intellectual history)研究の観点から、ミルだけでなく、ミルと知的対話を共にした19世紀の英仏の知識人たちの分析も行っています。ミルのデモクラシー論に限らず、多くの政治思想史研究において、コンテクストを加味することは、その思想や理論の位置づけをより鮮明にし、新たな課題を浮き彫りにするといえます。

講義・演習・小クラスについて

 私が担当する科目は、「政治学入門」、「政治学基礎A・B」「特殊講義」「2年次演習」です。「政治学入門」と「政治学基礎A・B」では、政治学を学び、研究する上で求められる学術的技術を習得し、政治学に対する関心を深めていくことを目指します。具体的には、政治に関する問いを主体的に発見し、その問いに取り組むためのリテラシー、ライティングスキル、学問的なルールなどを実践的に学びます。また、私が担当するこれらの科目では、受講生の皆さんが作成したレポートやレジュメの添削を様々な形で行います。「特殊講義」では、政治学の源流である古代ギリシアの文献講読に挑戦します。主に、プラトンの『国家』やアリストテレスの『政治学』といった古典を取り上げることで、政治学のみならず、社会科学・人文科学にも通じる知見の修得を目指します。「2年次演習」では、近代から現代にかけての西洋政治思想・政治理論の概説書を用いながら、政治思想の「古典」と向き合います。私が担当する全ての科目にいえることですが、他者と共に思索を繰り返す活動的な営みを大切にしたいと考えています。

プロフィール

 1990年大阪府生まれ。2013年同志社大学法学部政治学科卒業。2013年に同志社大学大学院法学研究科へ進学。2015年度日本学術振興会特別研究員(DC)。2018年3月、同志社大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。2018年4月から同志社大学法学部助教に着任。趣味は音楽鑑賞と多肉植物の栽培。